kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

剥いた後は削り貼って快適化

2017-06-28 11:17:55 | エレクトロニックス

<扇風機とハーネス快適化>

昨夜から梅雨らしい雨が、降り続けています。

この所、コルドバンクスの出動もまま成らずで、こんな時は快適化かと?!

 

先日、取り付けました扇風機ですが、良い働きをしてくれています。

 

しかし、風呂上がりに狭いダイネットで行き来していますと、余計に汗が出るような。

こんな時に扇風機を廻しますと、涼しい風に当たりながら奥さまの移動を気長に待つ事が出来ます。

 

そんな扇風機も問題が2項目有ったのです。

 

1、首降り時に引き出したバンクベッドと干渉。

2、首降り時にファンガードが、扇風機固定クリップに干渉。

3、今回発見しましたが、クリップがCDデッキに干渉し摩耗。

 

いゃ~~驚きました。

クリップの干渉摩耗は、白い粉を吹くまでに摩耗していました。

走行振動で扇風機が、かなり振られるようですね。

こては、快適化せねば成りません。

 

まずは、CDデッキを手前に位置変更です。

CDデッキは得意のマジックテープ貼り付けですから、位置変更は貼り直すだけなのです。

CDデッキが最前列に出た所為か、後方のハーネス類が目立ちます。

この際ですから、ここも整理しましょうか。

使います材料はこの接着式のクリップです。

タイラップも数本使用しました。

壁際にハーネスが目立たないように、クリップで固定しました。

次は、扇風機クリップの削りです。

まずは、干渉部にマジックでマークを付けます。

扇風機本体に削りクズが入らない様に、ウエスで包みディスクグラインダーで削ります。

削っては取付、干渉を確認し、遂にはここまで削りました。

まぁ~元が1,700円ですから、大胆に削れるのでしょうね。

(@_@;)

 

これで、取付位置も下方に下げる事が出来、バンクベッド干渉も防止出来ました。

今回は扇風機のスイッチBoxも取付ます。

スイッチBoxは、マジックテープ貼り付けですが、ブログを書きながら思い付いたのですが、貼り付け位置はブラスBoxの裏側が良かったかと思います。

また、貼り直しましょうか?!

 

再度、首降り状態で干渉を確認しますと、Good!ですね。

この扇風機は、お安い割に首降り時の干渉時にはオーバーロード逃がし構造なのです。

風速も弱と強の2種類と、普通の扇風機並なのです。

 

クリップのCDデッキ干渉部は、変更によりグラスBoxと成りましたから、ここにも余り物のマジックテープ貼り付けで対策しました。

少しはスッキリとしたでしょうか?

やはり、扇風機スイッチBoxは、グラスBox裏に隠すべきですよね。

 

快適化のネタは尽きないようです。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意地で剥きました | トップ | ある日の午後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エレクトロニックス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。