kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

飯田の桜

2017-04-21 11:17:31 | 花紀行

<飯田の桜は手強い!>

昼神温泉近くの”黒船の桜”が蕾で、いささか打ちのめされた感は拭えず、飯田の桜を目指します。

飯田市は更に北上しますから、望み薄かも知れないのですが。。。

 

昼神の花モモは、満開なのです。

名も無い枝垂れ桜は、何故か葉桜模様と木に依るのでしょうか?

一本桜は、ソメイヨシノの桜並木とは異なり、開花時期には個性が有るようですね。

まぁ~、そんな難しさも魅力なのかも知れません。

”黒船の桜”に後ろ髪を引かれながら、飯田市に向け走ります。

途中、対向して来ましたキャンカー助手席の方が、余りにも元気に手を振られるもので、つい手を上げてしまいました。

(@_@;)

シャイなkenyとしましては、最近では珍しい事なのですが、晴天と花モモ、桜がそうさせたのでしょうか?

 

遠くのアルプス山頂付近には、まだまだ白い雪が見えます。

飯田市に入り、市街地を走行していますと、蒸気機関車に火の用心の看板が。

後方にはソメイヨシノが満開ですね。

これは期待出来るのか?

もしかして、満開とか?

どうした事でしょう!!!

 

”安富桜”(やすとみさくら)は、葉桜なのです。

(@_@;)

飯田市は標高498mですから、開花は遅いハズじゃ~~~~。

う~~~ん。

参りました!

(@_@;)

 

飯田市の桜を愛でるには、やはり滞在型で10日前後は必要なのかと。

来年は滞在型を計画しましょうか?

なかなか手強いようです。

 

仕方なく付近を散策して見ます。

春の暖かい陽射しが降り注ぎ、小さな子供の手を母親が引き散歩のようです。

 

場所は飯田城址付近なのですが、何ともクラシカルな建物に遭遇します。

何か官庁の建物かと思いましたが、飯田市立 追手町小学校だったのです。

何とも重厚さと共に、往時の教育への思い入れを感じます。

 

これは、廃校かと思い表に廻って見ます。

空には飛行機雲が棚引き、屋上にはクラシカルな時計台が有りました。

訪問時は、平日でしたが何となく子供達の空気が感じられないような。。。

 

校庭の端に桜が2本有り、これが”飯田城桜丸の夫婦桜”かと思ったのですが。

ここも既に葉桜状態です。

帰ってから写真を見ますと、夫婦桜では無いようです。

飯田城址はかなり大きく、現在では美術博物館、小学校、図書館等が建てられており、桜の場所が分かり辛いのです。

 

校庭の端から飯田の街を眺めます。

お城は何処もそうですが、一段高い場所に構築されたようですね。

やはり、ゆっくり滞在し酒場放浪記も兼ね、桜開花を待つのが良いようですね。

 

花壇にはチューリップ、三色スミレが満開です。

北上、標高が高いにも関わらず、桜の満開は終わったようです。

まぁ~こんな年も有りますよね。

 

桜を愛でるのは難しいのです。

特に1本桜の盛りは、1週間と真に花の命は短いものですから。

う~~ん、このままでは帰れません。

 

もう少し足掻いて見ましょうか?

ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信州伊那谷の桜は難しい | トップ | 飯田の桜 最後の足掻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。