kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

中津川 栗きんとん散策

2016-10-11 09:53:11 | 中日本

<栗のほのかな甘さ>

連休二日目の朝は、小雨で明けました。

刈谷パーキングは、連休だからでしょうか朝から満車状態が続いています。

 

ブロ友さんも朝早く旅立たれましたから、此方も小雨が上がる位には、栗きんとんを求め走り始めます。

東海環状道に入る頃には、路面も乾いて来ます。

 

中央高速も通行量が多く、スピードは上がりません。

目的地は岐阜県 中津川市なのですが、一つ手前の恵那で高速を降り、19号線を北上します。

国道沿いに有ります、「川上屋」さんですね。

お店の前の駐車場は一杯で、裏手にあります第二駐車場に入ります。

駐車場が一杯ですから、お店の中にも順番待ちの行列が出来ています。

善男善女が約30名位でしょうか?

2~3分並び考えました。

根がイラチなものですから、行列に並び待つのは耐えられないのです。

老い先も短いものですから、ここは各お店の本店を目指す事にしました。

 

事前に調べておきました、「すや」さんから攻めて見ます。

中山道の街道筋に有ります、旧市街に分け入ります。

運良く商店街無料駐車場を発見しました。

この中山道沿いの道は黄色矢印方面に一方通行です。

赤丸が無料駐車場の看板で、赤矢印方面に入りますと駐車場が有ります。

大きさは5mクラスまででしょうか?

腕に自信が有る方は、6mでも入れるやも知れません。

 

黄色矢印方向に2~3分も歩きますと、「すや」本店があるのです。

看板はやすとは読みませんから、念の為。

中に入りますと、読み通り約10名ほどのお客様のようです。

栗きんとんは、来年3月位までの季節商品ですが、ここで「栗こごり」を見つけてしまいました。

「栗こごり」は通年あるようですが、一目で食べてみた~~~い!

勿論、定番の「栗きんとん」も購入します。

取りあえず、1個目の「栗きんとん」が手に入りましたので、ホット一安心しました。

次は中山道を南西方面、四ツ目川を越え横町方面に散策です。

途中にこんな、往来庭がありトイレもありました。

中に入って見ますと、足元にこの前に立つようにとの張り紙がありました。

暫くしますと、上方の扉が開き招き猫が現れ、お告げが聞けるのです。

内容はイマイチ聞き取れなかったのですが。。。。

左手の足元を見ますと、夫婦岩がゴロンと鎮座しています。

ありがたく拝見し、「川上屋 本店」を目指します。

四ツ目川を越え中山道散策です。

この四ツ目川は過去、4回も氾濫し、流れが変わった所からこの名前が付いたようです。

氾濫しますと、JR中津川駅付近まで浸水したそうです。

道が枡形(直線的に見通せない人為的道)まで来ますと、横町なのです。

ここに目当ての「川上屋 本店」があります。

お店の前には沢山の車が駐車していましたが、中に入りますとここも10人位のお客様です。

「川上屋」さんの栗きんとんもゲット!

 

その後、駐車場まで歩き帰ります。

行きに気が付かなかった、桂 小五郎の隠れ家跡の看板がありました。

今回はパスでしたが。。。

更に栗きんとんを求め、パンフからネライを定め「満天星一休」さんを目指します。

何しろ、こんなに沢山、栗きんとん屋さんがあるのです。

バンクスで山方面に5Km程度走行です。

まぁ~恵那ですから、どちらを向いても山ですが。。。

 

目指す、「満天星一休」さんに到着です。

 

ここには、中に入り気づいたのですが、「栗おこわ」があったのです。

しかし、時間が遅かったのか売り切れでした。

残念!!

 

その代わりと言いましょうか? 「くり子もち」が目に入り買ってしまいました。

栗がまるで、そぼろの様にお餅の上に乗っている絶品です。

勿論、ここでも「栗きんとん」はゲットしましたよ。

栗きんとんは、各お店で香り、味、口解けが異なるのです。

ほのかな栗の甘さをお店毎に味合うのも、また格別な物がありますね。

 

さ~~て、そろそろお腹も空いて来ましたから、ここでソースかつ丼でもと思いましたが、そこはキャンカーですから、やはり内食に落ち着くのです。

一休さんのお隣にバローがありましたので、覗いて見ます。

残念ながら栗おこわは、ゲット出来ず。。。仕方なく鳥めしにしておきました。

 

昼食場所は木曽川河畔です。

遠くに落合ダムが見えます。

本日の我が家のリビングです。

昨夜来の雨で木曽川の水も濁り、濁流のように見えます。

 

ここで、ブロ友さんが無事、帰り着いたとのメールに返信です。

何しろ鳥取県の西端ですから、流石に早足ですね~~。

此方の木曽川河畔の我が家のリビング写真も、メールしておきました。

食事の後は、満天星一休さんでバラ買いしました栗きんとんを頂きます。

栗きんとんの製法は、蒸した栗を縦割にし竹へらで実をほぐし、潰し、少量の砂糖を加え、煮て茶きん絞りした物なのです。

簡単な、飾り化の無い「きごちない」見栄のしないきんとんが、口に入れますと絶妙な香りと味わいを持っているのです。(すやさん パンフ参考)

毎年、シーズンに成りますと、何故か足が向いてしまいます。

岐阜県 中津川市 中山道の宿場町。

往時の賑わいが偲ばれる、古き良き町です。

そう言えば、江戸に帰る弥次さん喜多さんもここ中津川宿を通ったそうです。

 

栗きんとん、栗おこわを味わった事でしょう。

今日は珍しく明るい内に帰れそうです。

ジャンル:
ドライブ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブロ友さん遭遇 | トップ | 栗きんとんの後は何故か居酒屋 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ごぶさた・・・移動三昧。 (まるは)
2016-10-12 09:15:47
Keny さん。お久しぶりです。
「恵那」は過日、さいたまから「中央道」経由で帰路に立ち寄った「SA」です。陸路移動は「高速道路」のみ・・・。
「栗きんとん」とか甘いものいいですねぇ。

明日から「沖縄」、来月はまた「東京」と移動三昧。
健康だから出来る・・・家内に感謝です。
しばらく、「お仕事」に専念です。
「夢は片隅において「那覇」で気分転換します。
まるはさん (Kenyじぃーじ)
2016-10-12 10:53:28
 ホントお久しぶりです。
アチラ此方で足跡は拝見していますよ。(^^:

まるはさんは一部の読者さんには、好評なようですからしっかりコメント下さいね。

沖縄は単身赴任との事。経費削減は重要ですからね。
夢に一歩でも早く、辿り着けるかも知れませんね。

御身体を御自愛のうえ、専念して下さい。
まぁ~100万アクセス オープンオフ会ではお会いしたいものです。
車種もオープンですからご安心下さいね。

コメントを投稿

中日本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。