kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

走行充電不足 対策案?

2017-07-14 12:35:53 | バッテリー

<サブバッテリーは満充電に拘りたいもの>

今日は愛知県で、短時間記録的大雨が有りました。

河川の幅、約10m程度の小さな川が堤防を越え溢れ田んぼ、住宅地に濁流が流れ込んでいます。

こんな集中豪雨が降るのも、地球熱帯化の影響なのでしょう。

 

アメリカのカルフォルニアでは、気温51℃を記録したとか?!

トランプは、トランプなどしている時では無いような。

そんな今日は昨日の続きと言いましょうか、走行充電ではサブバッテリーが満充電出来ない所までお話しましたが、対応策に付いてのウンチクです。

 

【何故、満充電に拘るか?】

コルドバンクスの標準サブバッテリー、Xinnengのサイクル寿命と放電特性を見ます。

放電率とサイクル寿命グラフに依りますと、放電率 約56%時で有れば、1,000サイクルの寿命に成りますと読めます。

言い換えますと、1,000サイクル寿命を期待する為には、放電は44%以下に抑える必要が有る事に成ります。

放電率を30%に抑えますと、サイクル寿命は約2,300サイクルまで伸びると読めます。

実際のサブバッテリーに置換えますと

放電容量 100Ah

放電率 30%時の使用可能放電容量 30Ah

 

放電容量100Ahのサブバッテリーでも実際使用出来る、放電容量は30Ahでしか無いと言う事なのです。

従いまして、サブバッテリーが100% 満充電で有る事が重要に成ります。

 

例を上げますと

100%充電時 30%放電に抑えるとすれば使用可能放電容量  30Ah。

80%充電時 30%放電に抑えるとすれば使用可能放電容量  10Ah。

この差は大きいですよね。

 

寿命など関係無いと割り切り、大電流放電を繰り返すとの考えも有りますが、一般的には長く大切に使いたいと思うのは人情でしょう。

 

先日のウンチク、ジェネシスも同様ですね。

50%放電のサイクル寿命は、約550サイクル程度に低下するようです。

30%放電ですと、1,200サイクルまで寿命は延びます。

 

まぁ~鉛ディープサイクルバッテリーの宿命でしょうか。

 

前置きが長く成りましたが、走行充電に拘りが有る方には

 

【走行充電電圧UP機器】

ブロ友さんから、こんな機器が有るとの情報を頂いていました。

ベアーシャーシ側のACG(ACゼネレーター)の電圧が、最大14.0Vで有るならば昇圧し充電すれば良いとの考えですね。

ACG電圧昇圧器ですね。

充電電流 140Aに対応する為には、この2台の機器が必要です。

詳細はネットで検索して頂ければ、出て来ますので其方を御覧下さい。

 

このタイプの機器は、あくまで走行充電電圧を昇圧しますので、車輌のエンジン稼働が必要と成ります。

 

そのような条件を考えますと、ソーラーに分が有るのかと。

やはり無音、無尽蔵、無料で、サブバッテリーが100%充電出来ますからね。

現代の自動車に取りまして、ACGの負荷は無視出来ない状況が有ります。

乗用車に至っては、電気負荷に応じ細かなACG発電コントロールを行っています。

 

まぁ~対策案に成らないような案でしたが、何かの参考に成れば幸いです。

お天道様は有り難いものです。

 

 

<参考> Xinneng  ジェネシス  CTEK

ジャンル:
ドレスアップ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 走行充電はACGの限界 | トップ | すぐれ者充電器で満充電出来... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ごっち)
2017-07-14 17:04:50
昨日・今日の記事を読みました。
走行充電では満充電にならないと言う事は90パーセント位ですか?
すぐれ者充電器を14.4V設定に変え、メインスイッチを点けずに充電しても90パーセント位ですね!?
すぐれ者充電器で満充電に出来ればよいのに・・・
ソーラー充電以外では満充電は無理になりますか?
私はバッテリー1つなので100Wパネル1枚とMPPT20Aコントローラです。
まだ付けてませんが・・・
これで充分な充電は出来ますか?
ごっちさん (Kenyじぃーじ)
2017-07-15 09:14:51
 メインバッテリーの充電状況にも依りますが、その程度でしょうね。

すぐれ者充電器に付いては、本日の本文にマトメて見ましょうか?!

100WソーラーとMPPT 20Aコントローラーですと、使用する電気量にも依りますが、フロートモードは出ます。
以前、乗っていましたロードトレックでは、100Wソーラー、PWMコントローラーで何度かフロートモードが出ました。

まぁ~充分かどうかは、充電しながら使用する電力量により変化しますから、御自身の使用勝手での判断に成るでしょう。
発電量に合わせ使用し、不足と感じればソーラーパネル増設と成るのでしょう。
20%目標ですので、、、 (畠mama)
2017-07-16 00:10:40
我が家は20%〜30%目標にしているようなので、7年目突入もありと言う事ですね。。。
今年の夏は、例年以上に暑くなりそうですね(╹◡╹)
家庭も52まるこもエアコンフル稼働になっています(*´∀`)♪
畠mamaさん (Kenyじぃーじ)
2017-07-16 13:41:27
 バッテリーの充放電特性から見まして、鉛ディープサイクルバッテリーの優しい放電量は、20~30%なのでしょうね。

真夏のエアコン使用時には40%放電も有ったのですが、最近はソーラー効果か30%放電で収まっているようです。

我が家もmamaさん家に追いつけ追い越せでしょうか?

今、下界に降りて来ましたが、まるで熱帯の暑さですね。
やはり高原は涼しいようですよ。
(^^

コメントを投稿

バッテリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。