kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

キャラバン余韻と車検

2017-05-17 10:00:38 | オートバイ

<しまなみ海道キャラバン余韻と車検>

昨日、息子のオートバイ車検に行って来ました。

往復の車検場までの道は、朝の渋滞が多く、走り辛い状況でしたが、爆発的とも言える驚異的な加速力で難なく到着しました。

 

そんな走りで脳、身体に活が入ったのか、やや腰が重いものの、体重は一気に低下しGWからの暴飲暴食の清算が出来たようです。

 

今日はそんな、しまなみ海道キャラバンの余韻と車検のお話です。

大三島辺りは、御存じかと思いますが、レモンの産地でも有るのです。

瀬戸内は古くから、ミカンの栽培が盛んでした。

そんな地元の特産品をお手軽価格で、求める事が出来るのもキャラバンの楽しみの一つですね。

近所のスーパーでは、カルホルニア レモンが1個、100円はします。

大三島では、7~8個入りで350~400円で手に入るのです。

しっかりと買い込み、レモン酵素にして置きました。

これから暑く成りますと、レモンジュース、ウイスキーのレモン割りとか使い道は多いのです。

多分、ビタミンCも多いのでしょうね。

 

そんな余韻に浸りながら、息子に頼まれたオートバイの車検に行って来たのです。

前日には、習熟走行で一走りし、身体をオートバイに慣れさせます。

かれこれ1年近く乗っていないような。

YAMAHA MT-09 水冷直列 3気筒 DOHC 4バルブ ダウンドラフトFI 吸気エンジン

ヨーロッパモデル馬力 115馬力!!

車重  188Kgと信じられない位、軽量です。

アルミダイキャスト ダイヤモンドフレームと相まって走らないハズが無い仕様ですね。

 

ホント、乗りますと車重の軽さが実感出来、高出力フューエルインジェクション エンジンの良さが際立ちます。

操縦性もヤマハらしく、変な癖も無く気楽に乗れ、高い位置にマウントされた大柄なハンドルバーからネイキッド、スーパーモタードの異種混合ハイブリットマシンと言うのもうなずける所です。

リッターバイクの大きい、重い、早いとは一線を画した、ネイキッドハイブリッドはアリのようです。

 

フレーム、リアスイングアームもアルミダイキャストですから、溶接構造とは比較に成らない高精度、高剛性が想像されます。

車検は書類整備、車検場の予約を行います。

整備は、走行 7,500Km程度の新車とも言える状況ですから、ランプ類の点検程度でした。

定時時間より余裕を持ち到着しましたから、車検場での書類作成も順調に進みます。

今回から、車検書類も無料と成りました。

 

これが2輪車用の車検ラインです。

各部目視外観検査後、オートバイに乗り検査ラインに入ります。

 

前回から約2年以上経過していますから、下見をし検査ラインの操作を思い出します。

基本は電光掲示板に従い、操作しますと割と上手く行きます。

2輪検査ラインの特徴としましては、各検査工程の操作が、足元 床に設定されていますフットスイッチで操作する所でしょうか。

スピードメーター検査では、直前の検査でギアをニュートラルに指示されるのですが、連続しスピードメーター検査ですから、ギアを入れる必要が有り、一度 ×が付きましたが、自動的に再検査モードと成りますから注意したい所です。

(多分、リアブレーキ検査終了後、フィットスイッチから足を離し、ギアを入れ再度、フットスイッチを踏みますとスピードメーター検査に入ると思われます)

あわてず操作する事が重要ですね。

 

ヘッドライト検査では、4輪検査ラインと異なり停止位置を目視で白線に合わせる必要が有ります。

(4輪はセンサーで停止位置が自動検知される)

 

目安としましては、フロントアクスルが白線に触れる位置が良いようです。

一般的にはフロントアクスル位置が、ヘッドライトバルブ位置の同一線上に有ります。

同時に検査中はエンジン回転数を上げ、バッテリーが充電状態にし、電圧を上げヘッドライト光度を上げると良いようです。

2輪の場合、バッテリー容量が小さい事から、ヘッドライトの照度不足とされる場合が有り要注意です。

 

車検合格 ノウハウですからユーザー車検に挑戦される方は参考にして下さい。

 

そんな状況で、発合格!

こんな大型バイクライディング、車検もおっくうがらずやる事が、脳活性化にも繋がるのでしょうね。

何時までも健康寿命を伸ばし、Kenyは永遠に不滅でしょうか?

 

まぁ~そんな訳は無いのですが、リターンライダーの事故も多いと聞きます。

若い時に比較しますと反射、肉体の衰えは隠せませんから、老練さを発揮し騙し騙し、ほどほどに楽しみましょうか?

とは言いながら、フロントホィールが浮いたりとか。。。。

ジャンル:
維持
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 点検しますと出て来ます | トップ | 積載重量と取説誤植?! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オートバイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。