kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

帰り道は買い物?!

2017-06-15 10:30:14 | 西日本

<山陰は美味しい、新鮮、お得>

いゃ~~毎日晴天が続きまして、嬉しいばかりです。

 

東郷池で温泉玉子も作り、その場では食べもせず、先を急ぐ事にしました。

まぁ~この時点では、境水道橋をベタ踏み坂と思い込みルンルン気分だったのです。

松江商店街(お土産屋さん通り)探しでもそうでしたが、最近、思い込みが強いようです。

思い込みを拘りと、言っても良いのかも知れませんが。。。

 

iPhoneを使い切っていると自負しているのですが、松江城前で商店街を探す際、Googl地図、その他地図は見ても、ネット検索で島根観光協会等を検索すれば、商店街情報には有り付いたのですよね。

頭の回転が悪いのでしょうか?!

まぁ~御蔭様で、16,000歩 7Km余り歩く事が出来、健康に貢献!

美味しいシジミ丼にも有り付きましたから、ヨシ! 

とはするのですが。。。

(@_@;)

 

昨日は精を出し、ラッキョの漬け込みを男仕事でやって見ました。

婆様が包丁で指を切り、洗いラッキョが出来ないと言うものですから。

念願の砂丘ラッキョも手に入れ、これも良い良いですよね。

その上、ブロ友さん家を訪問した際には、当日の気温が30℃近くもあり、ラッキョが傷むからとクーラーボックスまで貸して頂きました。

確かにラッキョの傷みが少なく、特に氷水に漬かっていました、下段のラッキョは表面のハガレが少ないように感じました。

ラッキョ買出しには、クーラーボックス持参でと言う所ですね。

 

ついでにと言いましょうか、笑い話を一つ。

ブロ友さん家にお土産を持って行ったのですが、現地で何故かワインが見つからないのです。

バッゲジ、ダイニングと探したのですが、無いのです。

諦めて、どうやら忘れ物をして来ましたと話し、ボケぶりを笑って頂きました。

 

我が家に帰り、荷物を降ろしていますと、ガレージの工具箱の上に有るじゃありませんか!

ビックリポンや!!!

なんでやねん!

あんさんが、忘れただけでしょ!

とのツッコミはご容赦を。。。

 

そんな弥二喜多道中も、そろそろ終わりなのです。

本日中には我が家に到着ですから、「道の駅 きなんせ岩美」でお買物です。

ここは、やる気のある道の駅でして、野菜を始め鮮魚コーナーが有るのです。

買い物をする前に腹ごしらえと、村上水産のレストランに入ります。

婆様は海鮮丼。

小生は、よくばり膳!

数量限定の品で、揚げ物と焼き魚が両方付くと言う、欲張りなのです。

やはりネタが新鮮ですから、美味しく頂きました。

焼き魚はハタハタでしたが、山陰でも獲れるのでしょうか?

鮮魚コーナーでも沢山見ました。

 

村上水産さんは、良い仕事をされています。

行きに見ました、岩ガキは大粒の物は、最後の2個のみで小粒品は山盛り売れ残っていました。

岩ガキ ・・ 大粒 500円/個

     ・・小粒  250円/個

小粒ですと、身が少ないようなと散々迷って居ますと、店員さんが小粒が良いと言います。

 

ここは小粒かと小粒にして見ましたが、家に帰り岩ガキを生で頂きましたが、身は確かに普通の牡蠣サイズですが、お味が濃厚でホント! 

濃厚ミルク味がしました。

小粒岩ガキも有りだなと、思った次第です。

 

その他、野菜、子魚、焼き鯖鮨、大きめのハマチの半身は、460円ですからお得ですよね。

 

生物はコルドバンクスの冷蔵庫に入れ帰りましたが、しっかりと冷え美味しく頂きました。

 

最後に成りましたが、温泉玉子はこんな感じでした。

20分茹で、その後パックに詰め持ち帰りましたから、余熱で更に固く成ったのか半熟とは行かなかったようです。

次回の茹で時間は、15分にして見ましょうか?

当然ながらお味は、温泉玉子でマイウ~~~です。

 

山陰の日本海側は、美味しい、新鮮、お得なようですよ。

勿論、大山も美味しゅうございました。

 

おしまい

ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベタ踏み坂 未踏!!! | トップ | 我が家の簡単レシピ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。