kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

信州伊那谷の桜は難しい

2017-04-20 14:30:13 | 花紀行

<飯田市方面を攻めて見ます>

昨日は”新田の桜”が満開で気分を良くし、”道の駅 信州 平谷”でのP泊としました。

何か2週続きですが、温泉の魅力には勝てません。

 

温泉上がりには、やはり冷えたビールですね。

肴は来る途中、瑞浪市(みずなみし)付近で仕入れて置きました。

その他は、総べて家の冷蔵庫の残り物です。

(@_@;) 始末が大切ですからね。

 

最近、はまっているのが、缶詰めなのです。

”ためしてガッテン”に寄りますと、缶詰めの賞味期限は、一応3年。

一応と言うのは、3年以上経過したものでも食べれない事は無いそうです。

一説には、缶詰めは古い物ほど美味しいとか。

 

時には少々、車載コンロで温めたりします。

男の料理、ロマンには必需品に成るかも知れませんね。

お得に一品出来ると成りますと、有り難い事です。

 

翌日の信州 平谷は、晴天に恵まれます。

予報では曇りでしたから、良い方向に外れてくれたようです。

2~3台居ましたキャンピングカーも、そろそろ出払ったようです。

 

朝からソーラーは、10A越えの充電をしてくれます。

ソーラーコントローラーはと、見ますとバルクモードで、しっかりとMPPT作動ですね。

ソーラーパネルでの2.5Aが11.6Aまで電流変換してくれるのですが、大きいですよね。

コントローラーでの充電電流は、11.6Aですが、誤差分はFFヒーターに廻っています。

今日は飯田市方面の桜を攻めるのです。

道の駅を出ますと、沿道の桜の蕾は固いようです。

秋田まで桜前線は北上したとの事ですが、あれはあくまで平地でのお話ですよね。

 

心配しながら昼神温泉近くの”黒船の桜”を目指します。

ガ~~ン!!

またしても蕾が固く、ほんのりとピンク掛っているだけです。

どうも桜は、標高500m、気温10℃前後に開花の境目が有るような。。。

狭い道に入り辿り着くのですが、廻りには誰一人おりません。

そうこうしていますと、観光客団体が来るのです。

蕾でも一応廻るのですね。

撮影だけは、ほぼ済ませましたから、そろそろ引き上げる事にします。

川とお墓の傍に立っており、良い樹形なのですが。。。。

またの、お楽しみは先に取っておきましょう。

 

ここは来る途中の昼神温泉の花モモ、桜を見ない訳には行きません。

温泉郷に入りますと左右の沿道に、花モモ、桜が咲いているのです。

温泉と標高は変わらないのに、”黒船の桜”は蕾でしたね??

 

花モモは満開なのです。

転んでもただでは、起きません。

飯田市は更に北上しますから、期待出来そうにも有りませんが、一応攻めてみます。

この道すがらにも桜、花モモは咲き乱れます。

もしかして良いタイミングで来たのか?

さ~~て、飯田市の桜は待っていてくれるのでしょうか?

 

お楽しみは明日の心なのだ~~~!

何処かで聞いたような。

では、また明日!

ジャンル:
ドライブ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”新田の桜”は満開! | トップ | 飯田の桜 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大接近していましたが(笑) (畠mama)
2017-04-20 17:33:23
我が家も今朝は昼神近郊の桃街道を通って、道の駅信州平谷の一番風呂(10時〜)に入りましたよ(笑)
本当は、昼神温泉の予定でしたが、、、
急遽、道の駅・新城から龍潭寺へ直虎さんに逢いに行って来ました♪( ´θ`)ノ
只今、東名を下っていまーす( ^_^)/~~~
畠mamaさん (kenyじぃーじ)
2017-04-21 11:32:47
 あら~~道の駅 信州平谷が、10時でしたか?
その頃は、多分、飯田市内を散策していたような。

小生としましては、珍しく晴れ間を逃すまいと思い早くから動いたのですよ。

新城、龍潭寺方面に行かれたのですね。
音羽、直虎さんに出会えたでしょうか?
良い旅でしたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。