黒ラブ賢と賢パパの薔薇と酒の日々・・・たま~に山

バラ園の仕事をする賢パパが愛犬の黒ラブ賢と飼い主の賢パパ&賢ママの日常をつづります。

初めて知った月の出入りの時刻

2016-10-20 04:15:59 | 日常の事
賢の具合が悪くなってから2ヶ月ほど朝夕の散歩をお休みしていましたが・・・今月の初めから朝の散歩を復活させたのに続いて先日から夕方の散歩にも行くようになりました。

今日の話はその朝の散歩の時に体験した摩訶不思議な出来事についてです。

賢パパは朝の散歩の時には「何か」がないとカメラは持たずに家を出ます。

では、「何か」があってカメラを持って出るのはどんな時か?

富士山がきれいに見えていたり、朝焼けが際立って良い感じで焼けていたり・・・あと必ずカメラを持って出るのは満月の日の前後。

えぇ、満月かそれに近いまん丸のお月さんの写真はなるべく撮るように心がけておりますからね~。

あぁ、誤解のないようにお断わりしておきますが・・・あのツルッツルのお月様に親近感を覚えるとかそう言う意識はありませんのでお間違えなく。

で、過去の写真を引っ張り出してみると・・・これが今年の1月24日で


同じくその翌月の2月25日。


後はしばらく間が空いて8月20日の賢ママの誕生日がこちら。


9月は賢の容態が悪化したため朝の散歩には行っていませんから写真はなしで・・・今月の満月が先週の16日のことでした。

賢パパは当然のことながら意識して前日の15日からカメラ持参で散歩に出ました。

ところが・・・です。

天気が良くて星がこんなに良く見えているのに

どこを探してもお月様の姿がない。

翌日も勿論カメラを持って出たのにこんな写真は撮っているがお月様の写真は一枚もなし。


見えていれば絶対に撮っているはずですからこの日もお月様は見えていなかったと言うことであります。

そしてその翌日は雨だったので勿論見えるはずがありません。

毎月見えると思っていたのに・・・10月は早い時間に沈んでしまうので見えないんだろうと自分を納得させようと思うがこのまま素通りしないのが元研究者の良い所。

それなら去年の10月はどうだったのかしらと調べてみると・・・満月だった10月15日の写真がこれ。


月が見えていれば間違いなく撮っているはずなのに一枚もないと言うことは去年も満月の時に見えてはいなかったと言うことになります。

このままでやめてしまうのは気持ちが悪いので一昨年の10月の写真も調べる。

すると・・・10月8日が満月だったのにその日の写真を見ると富士山ばかりでお月様は写っていない。


これで10月の満月の時は何らかの理由でお月様が見れないと言うことがわかりました。

これだけ調べて確証も取れたので元研究者としては納得が行った。

そんなつもりで一昨日の朝の散歩に出ると・・・あらら、一体あれはなんでしょうか?


えぇ、満月から二日遅いけどあれは確かにお月様・・・ぢゃまいか。

何度見直してもこんなに高い所にお月様です。


15日、16日と二日連続で空のどこを探しても見つからなかったお月様が・・・天気が悪くて見えなかった17日の一日を挟んでこんなに高い所にいきなり姿を現わすなんてことが現実としてあるのでしょうか?

摩訶不思議な体験をした気分の賢パパです。

と、ここまで書いて来てふと気がついた。

「日の出日の入り」時刻と同じように「月の出月の入り」時刻を調べれば良いだけのこと・・・ぢゃまいか。

で、早速調べてみて驚きました。


「日の出日の入り」の時刻が一日で秒単位しか変わらないのに対して「月の出月の入り」の時刻は何と一日で1時間以上も変わる。

なるほどこれなら満月の日には空のどこを探しても見つからなかったお月様がその三日後に突然姿を現わしたことにも納得であります。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猛暑日の一歩手前 | トップ | カシオ君に差し入れの後で日... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ちょっと違う話ですが、 (ケニ屋)
2016-10-20 04:54:09
太陽は夏場高度が高くなりますが、月は冬場に高度が、高くなります。
ケ二屋さん (賢パパ@今日も夏日の予想)
2016-10-20 06:07:53
そう言えば今朝のお月様は真上に近い位置にありましたわ。
これは (ケニ屋)
2016-10-20 11:20:14
天球上の月の通り道(白道)と、太陽の通り道(黄道)が天の赤道上でほぼ同じ経路で微妙にクロスしているからです。白道は黄道の8度以内だそうです。冬場は昼間黄道が低い位置になりますが、夜になるとほぼ頭上になります。因みに黄道が赤道と交わるのが春分、秋分で、赤経0時と赤経12時です。この位置(天の赤道上)で太陽と月が重なるとき、日食、月食が起きるのです。
ケ二屋さん (賢パパ@昼飯終ってこれからお昼寝)
2016-10-20 12:02:08
ご丁寧な説明有難うございます。

素人にはちんぷんかんぷんですが、白道と黄道は遠い昔に学校で習った記憶があります。

月・・・ (itoo )
2016-10-20 16:40:49
 あまり観ると、肩から毛が生えてきて、オオカミになっちゃうよ
 だいぶ涼しくなりました。紅葉ももうすぐですね。いい季節です
itooさん (賢パパ@晩酌開始まであと1時間我慢)
2016-10-20 17:37:52
>肩から毛が生えてきて

どうせ生えるなら頭にしてほしいですわ。

今日はこっちは暑かったですよ。
Unknown (松理)
2016-10-20 19:50:00
 太陽や月のことは,本来は身近なことなのですが,細かいこととなるとちんぷんかんぷんの人がほとんどだと思います。天文の世界は,そんなものです。
 昇る場所と沈む場所も太陽が1年掛けて移動することを1か月で行います。
Unknown (Unknown)
2016-10-20 22:23:38
>これで10月の満月の時は何らかの理由でお月様が見れない
 先ほどは,斜め読みしていたこともあり,上の一文を見落としていました。この思い込みが間違っています。
 満月は,どんな月でも,太陽が沈む頃に東から昇り,太陽が昇る頃に西へ沈みます。
 賢パパさんが10月の満月を見ることができなかった訳はわかりません。

>去年の10月は・・・満月だった10月15日
 昨年の10月の満月は27日であり,15日は三日月でした。
 毎月15日頃が満月では,太陰暦の世界ではありませんか(笑) 賢パパさんならぬうっかりです。
呼び方がわかれば (モモ)
2016-10-20 23:22:46
十六夜
立ち待ち
居待ち
伏し待ち
寝待ち・・・
昔の人はよく考えて呼び方を考えたものです。
時間の流れがわかるような・・・
解らぬやうな。。。
松理さん (賢パパ@今日は忙しくなりそう)
2016-10-21 04:04:15
>昇る場所と沈む場所も太陽が1年掛けて移動することを1か月で行います。

これには驚きました。

>賢パパさんが10月の満月を見ることができなかった訳はわかりません。

朝の散歩の時の体験と書いたのですが見落とされていたようですね。

15日と16日の写真はどちらも月の入りの時刻より後で撮ったものでした。

>昨年の10月の満月は27日であり

これは良く調べもしないで書いてしまったうっかりミスでした。


モモしゃん (賢パパ@今日は忙しくなりそう)
2016-10-21 04:07:07
昔の人は風流だったんですな。

凡人の私には意味が良くわかりませんが・・・何か?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL