バラ園日記

バラ園でパート勤務をしながらお酒をこよなく愛し、時々はハイキングを楽しむ日常を綴ります。

長~い・・・付き合い

2017-08-09 04:37:29 | 日記
昔「〇〇は長~い友達」なんてテレビCMがありましたが・・・今日の話題はちょっと違いますよ。

「長~い付き合い」は先日の富士山でひどい目に遭わされた「熱中症」のことです。

一番最初に熱中症の症状に見舞われたのが今からもう9年も前に登った富士山の須走口登山道でのことでした。

真夏のカンカン照りの暑い日に初めての須走口から登り・・・首尾よく登頂を果たしたものの下山の途中で足が攣りそうになった。

その時は知りませんでしたが・・・後で調べたら軽度の熱中症の症状でその原因は大量の発汗に対して塩分などの補給をしないで水だけ飲むのが一番悪い。

で、それ以降は知り合いからプレゼントされた「ア〇ノバ〇タル」なる市販の商品をいつもザックの中に忍ばせていたことで大事に至らず済んだのでした。

以来、ザックの中にはいつも入れて歩いていたんですが・・・ある時在庫を全部使い切った。

あれがないと困るのですぐにドラッグストアーに買いに行ったんですが・・・値段を見て思わぬ高さにビックリ仰天。

ならば・・・自分で作ってやろうと思い、オリジナルの熱中症予防剤として開発したのがこれでした。


最初の出番が甲斐駒の黒戸尾根を日帰りしたこの山行の時で、往復10時間に上る長丁場の行程中に口にしたのは水以外にはこの特効薬だけと言うハードな山行となりました。


効果は抜群でしたがただひとつ欠点があって・・・吸湿性が高いため最初は粉だったのが一週間も経たないうちにペーストになってしまう。

まぁ、それでも効果が第一と言うことで会社勤めをしていたころは重宝しました。

会社を辞めてからはオリジナルを作ることが出来なくなってしまったため市販の熱中症予防商品を使いましたが・・・どれでもそこそこ効果はあった。




ただ、これを忘れるとまだそんなに暑くはなっていない時期でも熱中症が出かかったこともしばしばで、一番記憶に新しいのが去年のG.W.のこの山歩きの時

何しろこれが山歩きの時の必需品で・・・ないと危ないことは良く知っていました。

前置きが長くなりましたがここからが本題です。

「長~い付き合い」の熱中症なので山歩きをする時はいつもきちんと準備をして行きます。

それが・・・今回に限っていくつものミスが重なってしまった。

まず最初のミスが持参した水の量がいつもよりも少なすぎた。

まぁ、歩く距離と時期にもよりますが・・・普通はこれに一杯の水と


それ以外に500mlのペットボトル2本分の水を持つんですが・・・この日に限って2本のペットボトルを忘れてしまった。

スタート時点で気がついたんですが・・・六合目まで行けばどこの山小屋も営業しているので問題ないと思ってスタートしました。

それは、その通りで全く問題はありませんでしたが・・・やはり残量が気になって水分の摂取が無意識のうちに控えめになる。

もうひとつの失敗と言うのがザックに入れたと思っていた予防剤のこれ。


症状が出始めた時点でザックから取り出して飲もうとしたら・・・出て来たのはこんなキャンデーでした。


奥方がどこかで買って来てくれたのを入れておいたようですがすっかり忘れておりました。

これですっかりパニックになりましてもう予防剤はあきらめてしまったのが更なる失敗。

実は、ザックの外側のこのポケットにこのキャンデーがこんな風に入れられていて


中にあるもうひとつのポケットにはちゃんと予防剤が入れられていたのでした。


あそこでパニックにならずに落ち着いて行動していたならと思うと痛恨の極みですが・・・大事なのはもう一度同じ場面に遭遇した時にこの苦い体験を活かす事。

今回の失敗談にはおまけがついておりまして・・・六合目まで下りて来た所でこいつの「吸い口」がなくなっていることに気がついた。


どこで落としたのかわからないので探しに戻っても下手すりゃ九合目まで登ることになるかも知れないし、太ももが攣って登り返す事さえできません。

と言うことであっさりあきらめて帰って来てしまいました。

本体別でこれだけで売っているものなのか・・・ネットで調べてみることにします。

それにしても、このまま引き下がるのは悔しいので・・・近いうちにリベンジと行きたい所でありますよ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1ヶ月ぶりの富士山は「まさか... | トップ | 「諸般の事情」・・・ですか。 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
熱中症 (ケニ屋)
2017-08-09 06:01:27
若い頃、サッカーの試合のあと2試合当番やって、そのあと審判やったときに、あの頃でいう熱射病にかかりました。今思えば若かったから何とか帰宅できたのでしょう。高校野球が始まりましたが、今に選手が死ぬのでは、と心配しています。
富士山もあの混みようじゃあ、二の足を踏んでいます(実はかったるいだけてすが(笑))
@電車 (芋)
2017-08-09 06:20:08
KPさま

大事に至らず良かったですね。
今はタブレットも色々な味があって楽しめますね〜。
KPさん、むか〜しは塩だけの錠剤持って登ってませんでしたか?
結構高かったので私は専売公社の1kg20円の塩をビニール袋に入れて、舐めながらやってましたよ。おむすびにも使えたし✌️
今の時代はいいですなぁ^_^
攣りまくりチヨコの恐怖 (MaxJ05)
2017-08-09 06:22:07
わたしも大量発汗体質のため攣りまくりチヨコとなりますが、最近は写真にもあったカバヤ食品さんの「塩分チャージタブレット」を服用することでゴマかしています。でも食べ過ぎると血圧が上がるらしいので、少しずつとるように注意してます
ケ二屋さん (KP@暑いけどエアコン使わず扇風機で我慢)
2017-08-09 13:20:32
昔は日射病って言いましたよね~。
それが熱射病になって今では熱中症。
どんな経緯でそうなったのか調べてみます。
高校野球の選手はスポーツ医学に基づいた健康管理がされているのでしょうから大丈夫なのでは。
富士山は天気が良けりゃ暑くて、悪けりゃ寒くてでなかなかちょうど良い日に当たりませんわ。
芋鉄人様 (KP@暑いけどエアコン使わず扇風機で我慢)
2017-08-09 13:24:28
ゼロ富士の時は芋さんからいただいたタブレットで事なきを得ていたんですわ。

>塩だけの錠剤持って登ってませんでしたか?
ア〇ノバ〇タルの後は自分で作った粉末を持って登ってました。

今の時代は商品の種類が豊富で選り取り見取りですね~。
MaxJ05さん (KP@暑いけどエアコン使わず扇風機で我慢)
2017-08-09 13:26:20
>食べ過ぎると血圧が上がるらしいので
おっと、それは知りませんでした。
高血圧症の身なので注意します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。