小馬太郎兵衛@タコのイカ踊りぃっ!!

ブログの老後をユラユラ楽しむ悦楽ブログ、みたいなブログw

ロッテ・伊東監督が辞意表明

2017-08-14 04:54:02 | 千葉ロッテマリーンズ
春先にいきなりの連敗街道を突っ走り、あっと驚く借金20を背負い込んだ時点で、おそらくは休養させられるという見方までしていただけに、借金30をこしらえての辞意表明は、なんら驚きをもたずに受け止めることが出来ました。

ロッテ伊東監督、今季限りで辞任 すでに了承「歴史的な負けが1番の理由」(フルカウント) - gooニュース
極度の成績不振で球団幹部に辞任申し入れ「シーズン最後まで指揮は執ります」
 ロッテの伊東勤監督が13日、今季限りで辞任する意向を示した。すでに球団側も了承しているという。

 伊東監督は2013年からロッテを指揮。同年は3位でクライマックスシリーズ(CS)に進出した。14年は4位に終わるも、15、16年は2年連続3位でCS進出を果たした。

 しかし、今季は開幕から低迷。主力や新助っ人の不振で思うような成績を残せず、12日現在、101試合で33勝67敗1分けの借金34で最下位に沈んでいる。

 この日、指揮官は「最近の報道で間違った方向にきていて、本当はシーズン終了まで黙っていようと思っていた。仙台の楽天第2戦(5日)の後、球団の上の人と食事した際、辞任を申し入れ、了承された。歴史的な負けが1番の理由」と話した。

 また、「責任という言葉を何度か使ったが、そういう気持ちがあってのこと。休養しても代行の人に迷惑かけるので、シーズン最後まで指揮は執ります。コーチには先ほど話したが、動揺もあるだろうし、選手には話していない。勝負の世界は一年一年が勝負。今の戦力を含めて、監督を引き受けた訳だし、言い訳もしたくない」と胸中を吐露している。(Full-Count編集部)


ただでさえ、常勝軍団時代の西武の扇の要がやってくるという話を聞いて、一部で聞いていた韓国時代の人と人とのつながりをげふんげふん(´・ω・`)しながら聞いていたら、確かにそこに声をかけるのは当然だろうな、という話。
で、実際に、本当に西武の黄金時代を知っている人が、ともすれば野球場ではなく競輪場のオープンスタジオで特別解説の伊藤勤さんを見たことも何回」とあるだろうかという人が、ロッテにやってきた。
伊東マリーンズ体制になった2013年以降は、僕のマリーンズの現場観戦が本当に減りだした時と全く同じ期間の就任期間で、他のファンの皆様の方が、伊東監督について一家言をお持ちでいらっしゃるのは当然のことであろうと思います。
なので、ああたしはあたしなりに感じたことをつらっつらと書き連ねようと存じますが、よろしければどうぞお付き合いを願いまして。

いやね、ぶっちゃけですよ。
伊東監督の采配の特徴…ってーとですな。



( ´Д`)y━・~~知らねえんですわいな。

うん。よく知らない。今までも。
スペックとしては基本左右病。

ただ、1年に1回か2回、たまに見せてくれる、誰もが驚く逆張り采配で結果を出しちゃう。
これはしびれるんだよな~。
打てそうにないベテランバッターに、さらに打てそうにない若手選手を代打に出して、これがハマったときの喜びったらないでしょうね。
このあたりだけで言いますけど、この逆張り采配に関しては、たとえ結果が出ようが出なかろうが、それすらもなかった前監督に比べたら、1000倍近くは面白かったし、「なぜこの場面であえてこの選手を使ったのか」と考えさせてくれる監督さんではなかっただろうかと。
僕はそう思っております。

伊東さん。
いろいろご苦労もおありだったと思いますが、それでも5年でロッテをAクラス3度というのは、偉業以外のなにものでもないと思っております。たとえ勝手に他のチームが落ちて行った結果でもあるにせよw
退任までの期間を全うしていただいて、せめて今年まだできていない、伊東さんの博打采配で、我々の度肝を抜いていただければと、ささやかながら思っております。

まだ早い。
まだ早いけど、こうなったら先に言っちゃうよ。

伊東監督、5年間お疲れ様でした。
残りはぜひ競輪の広告塔として頑張っていただければと存じますw


 にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ 

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2004年の東京競馬場 | トップ | 負け方四十八手 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

千葉ロッテマリーンズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。