旅の途中で観る夢は(おやじの旅日記)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

若葉が輝く裏磐梯へ。Ⅲ

2017年05月19日 22時01分41秒 | 旅の途中で
 「竜沼」から次の目的地「深泥沼」(みどろぬま)へ。

 


 

 五色沼自然探勝路の「深泥沼」。


 

 深泥沼。

   緑の所は・赤所は・青い所は。

   緑色の所は。

    ケイ酸アルミニュウム+植物プランクトンなどが含まれて居ます。

   赤い所は。

    酸化鉄が赤い色のもと。

    フトヒルムシロ 水中の鉄分が藻などに付着している。

    水中のフトヒルムシロの葉の表面に赤いフアフアした物が付いている。

   青い所。

    水草はフサモここが青色に見える所。


 


 

 「深泥沼」緑の所。

 緑色の所は。

    ケイ酸アルミニュウム+植物プランクトンなどが含まれて居ます


 

 「深泥沼」赤い所。

 赤い所は。

    酸化鉄が赤い色のもと。

    フトヒルムシロ 水中の鉄分が藻などに付着している。

    水中のフトヒルムシロの葉の表面に赤いフアフアした物が付いている。


 

 「深泥沼」青い所。木々に隠れて湖水の色は少しみ難いですが。

 青い所。

    水草はフサモここが青色に見える所。


 

 「赤沼」。

  ヒスイの様な緑の水を赤い帯が淵どる湖水「赤沼」。


 


 

 五色沼自然探勝路「赤沼」。


 

 「赤沼」から「柳沼」へ戻る。


 

 「柳沼」付近。


 

 五色沼からの帰り道、土湯を通り ~ 二本松の湯川渓谷を見てから郡山に帰る事にしました。


 

 湯川渓谷。

 安達太良山に源を発する湯川は、三階滝や八幡滝・霧降り滝が連なり、屏風岩・天狗岩等の奇岩が立ちはだかり四季を通 じて美しさを誇っている渓谷です。

 上流には滝が有るようです。


 

 湯川小唄の碑。


 

 湯川小唄碑周辺ガイドマップ。

 郡山へ。

 五色沼は。 全長 片道 3.6㎞ 所要時間 片道 約1時間10分、神秘的な様々な色をした五色沼湖沼群を巡るコースです。

 五色沼とは五色沼探勝路沿いにある20〜30の沼の総称です。

 毘沙門沼 ⇒ 赤沼 ⇒ 深泥沼(みどろぬま) ⇒ 竜沼 ⇒ 弁天沼 ⇒ 瑠璃沼 ⇒ 青沼 ⇒ 柳沼 の20~30から成る湖沼群です。

 毘沙門沼~赤沼までの間は特に。ごつごつした安山岩質(地球の中のマグマが流れて固まった岩)が多数点在しているので少し歩きにくいですが、赤沼~柳沼までは多少の高低差は有りますが比較的歩きやすい地形だと思います。 

 

 安山岩質(地球の中のマグマが流れて固まった岩)が多数点在しているので少し歩きにくいですが。


 

 安山岩質(地球の中のマグマが流れて固まった岩)。



 五色沼探勝路は。今の時期は新緑の香りを楽しみながら、木々の若葉も成長途中なので湖の全体の大きさや湖水の色を見るのに良い時期だと思います。

 機会が有ったら観にいってください。新緑の香りのシャワーがお待ちしています。 

 
 









 
『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家の花が。 | トップ | 庭の花も。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む