電車でGO! by 近鉄東花園駅

ニコンDfと一級建築士

一休寺に行って来ました。

2016年10月29日 18時11分46秒 | 自然

京都の一休寺に行って来ました。

昼から京田辺市にある「一休寺」を訪れました。

木枯らし一号が吹く寒い中ですが(笑)

大人500円 子供250円 駐車場代300円←結構高い(爆)

僕は来たことがありますが「妻と子供」は初めてです。

紅葉にはまだ早く、イマイチな印象ですが、僕は建物に興味があるので全然OK

しかし、子供たちは「暇そう」・・・・・

宮内庁の管轄なんですね、知らなかった

少し紅葉を感じた一枚です。

火が付くと一気に燃えそうで怖いですね。

きれいに手入れされた庭です。美しい

植木の手入れを見ると「バカボンのパパ」を思い出します(笑)

ちょこっと歪んでいますが、これはこれできれいです。

一休さん 漫画と違い怖いです。

天皇陛下の名前が記されておりました。

 

紅葉に合わせていけばきれいだっただろうなと思いましたが、その頃は人が多くて写真が撮れなかったかも知れません。

ここ数日で一気に紅葉が進むんでしょうね!

イマイチな写真ですが、現物は美しいです。

きれいに手入れされているようですが、虫食いの跡が何か所かありました。

所々に消防施設があるので「それ」を写さないように撮影するには難しい

35mm-70mmのレンズを持って行ったのですが、もう少し広角のレンズがあればと思いました。

杉の木が枯れているのが気になります。

何の木か不明ですが実がなっており、どんぐりも多数落ちておりました。

背景をぼかす写真は、あとから見ても美しいですね。

水が流れているのが意味あるのか解らない

一休さんが退治したトラの絵

中廊下から外を撮りました。

こういうのを眺めると心が和みます。

違うポイントからトラを見る。

抹茶を頼んで出てきたお菓子

出てきた抹茶

すごく熱かったのですが、この寒さで数分後には冷たくなりました。

囲炉裏は好いよね!

柿の木?に実がなっておりました。

本堂を覗く

紅葉の季節では多分撮影は無理でしょうね

一休さん像

漫画を想像していると、とんちんかんになります(笑)

きれいにするのが良いのか、苔があるのがいいのか意見が分かれそう。

古さを感じる一枚、こういう建物は結構好きです。

一休さんと紅葉といきたかったのですが、残念!

この一休さんが漫画とイメージがつながります。

有名な話

「このはしわたるな」です。

とても小さくかわいい橋です。

ため池?

メダカらしきものが動いているのですが、小さくすばしっこいので未確認です。

ラスト一枚

やはり杉の枯れが目立ちます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

一行目にリンクを張っていますが、一見の価値はある「お寺」です。

電車+タクシー又はバスでもいけますが、少し不便です。

ちなみに 今日は一号線のバイパス(第二京阪道路沿い)から行きましたが、かなり渋滞でイライラします。

少し遠回りになりますが、大阪南部の方は「生駒・高山経由」がお勧めです(まず渋滞はありません)

あと、駐車場があまり大きくありませんので本格的に紅葉が始まると、待ち時間があるかも?

一休さんに是非会いに行きましょう!

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 485系 | トップ | 信貴生駒スカイライン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。