ゆるふわ屋。 - 鏃キロク・若林浩太郎のブログ -

ゲームシナリオライター若林浩太郎(=フリーライター鏃キロク)のブログです

最近のお仕事履歴、スケジュールをこちらに移動しました

2018年01月15日 15時54分49秒 | ホームページの更新履歴
2017/10/28 更新

・ツイッター

ツイッターやってます。
フォローリムーブご自由に。


・スケジュール


2017年11月末までは埋まっております。
2017年12月から、お仕事を募集しております。


お手数ですが、こちらからメールをお送り下さい。
メールフォームにも対応しました。(2016/01/17)




・最近のお仕事履歴



『円交少女2 ~JKアイドル真鈴の場合~』


円交少女2~JKアイドル真鈴の場合~ ティザームービー


『円交少女2 ~JKアイドル真鈴の場合~』にて、
1に引き続きシナリオ執筆で参加しております。



『過保護なママとむっちむちママさんバレー』




シナリオ執筆で参加しております。
巨乳好き、年上好きなアナタは要チェック!


「お姫様だってXXXしたい!!」



18禁乙女ゲーのシナリオ執筆に参加させて頂くことになりました。
応援よろしくお願いいたします。


はじめの一歩大解剖 (サンエイムック)

一般書籍です。データベース作成を担当させて頂きました。



「超昂神騎エクシール」


アリスソフト様より発売中の「超昂神騎エクシール」にて、
シナリオを一部お手伝いさせて頂いております。

超昂神騎エクシール



「ちびパイア!」
エレクトリップ・ブランドより、
ハートフル・ちびヴァンパイア同居ゲームが発売されます。

2016/8/26 発売しました! 体験版も配信中です。






「逆転魔女裁判ノベライズ」

パラダイム出版、ぷちぱら文庫より
2015/4/28 発売しました。



「円交少女」

ビジュアルアーツ・Frillブランドより発売のPC向けアダルトゲームです。
2015/5/29 発売しました。シナリオ執筆で参加しております。




「逆転魔女裁判~優しい貴穂お姉ちゃんは魔女・痴女・ビッチ~」

実用性を重視したブランド「エレクトリップ」より人気シリーズの第2弾が発売です。
2015/9/25 発売しました。




「円交少女ノベライズ」

2015年4月に発売したゲームのノベライズをさせて頂きました。
パラダイム出版、ぷちばら文庫より
2015/10/30 発売しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あるけも~ケモミミアルケミスト~」が発売になりました

2017年10月28日 16時10分47秒 | 関わった作品の宣伝・PR
2017年10月27日。昨日です。

サークル「そうざいそふと」さんから
成人向けゲーム
「あるけも~ケモミミアルケミスト~」が
発売されました!





こちらのイベントシーンを 執筆させて頂いております。
販売サイトはこちらです。


※ 18歳未満の方は、お買い求め頂けません。


性の経験も知識もなかったウブな獣耳娘が、
呪いを解くため、媚薬を飲みながら頑張るお話です。


本作品の特徴は以下のようになっています。

・ RPG形式で何度も遊べる
・ 主人公(女性)視点でのシーン描写
・ 淫乱にならずともクリアーできる自由度の高さ
・ 低価格
・ 今すぐダウンロードで買える


興味のある方は、ぜひ触ってみて下さい。

台風で外に出られず悶々とする週末は、
エロゲで元気なインドアライフを過ごそうぜ!




どうもgooブログでは
DLsiteへのリンクそのものが投稿できないようなので、
販売サイトへの誘導に
私のツイートを挟んでみました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円交少女2~JKアイドル真鈴の場合~ ティザームービー 公開されました

2017年08月11日 17時55分31秒 | 関わった作品の宣伝・PR
円交少女2~JKアイドル真鈴の場合~ ティザームービー



1に引き続き、2でもシナリオ執筆で参加させて頂いております。

果たして真鈴のたどる運命は?
キャラクター紹介に、前作で見覚えのあるキャラも登場しているようですが……。


今後の情報に、乞うご期待下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうざいそふとの最新作「あるけも~ケモミミアルケミスト~」で一部文章を執筆させて頂いております

2017年05月27日 16時55分33秒 | 関わった作品の宣伝・PR
同人ゲームブランド「そうざいそふと」の最新作
「あるけも~ケモミミアルケミスト~」
で、
濡れ場の文章を執筆させて頂いております。

RPG形式ですので、
ゲームパート部分には関わっておりません。


今後の情報にご期待下さい。





※ 成人向けゲームです。
18歳未満の方は購入できません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ アニメ2期 感想

2017年04月02日 17時36分00秒 | レビュー
先ほど最終回が放送され、見終えました。

制作側が見せたいもの、訴えかけたいテーマと
私が見たかったもの、期待したものが
ここまでズレてた作品は初めてかもしれません。


ちょっと制作スタッフ……
監督・脚本サイドが何を言いたかったのか私には分かりませんでした。


後日談で、ジュリエッタが鉄華団に理解を示すコメントをしていましたが
それが一体、何の慰めになるだろう?

あの世界を生きる人にとっても、死んだ者にとっても。


2期の開始時に「戦いが激しさを増し、子供が戦争の道具にされ続けている」と
アトラが言ったんですよ。

その受け皿が、ほぼ鉄華団コアメンバー全滅した後に
モノローグで「こうなりました、解決したんです」の説明だけ。

キャラクターがその状況を変えていく過程を見せたわけじゃないので
余計に置いてけぼり感が増すこと増すこと。

オチについても、後味が悪くなりすぎないように
「少し後味を良くしましょうかね」って調味料加えただけみたいな。
カレーに七味入れた程度のものですよ。


オルガが死んだ翌週あたりから何が起きても
「ハァ、そうですか」としか反応できなくなってしまいました。

いやほんと、何を表現したかったんだろう?
記号みたいな死をバラまいて、みんな泣くとでも思ったんでしょうか。

理解できませんわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加