拝啓バス様 僕に釣られてください。  

バスを釣った!というより釣れちゃった・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

行って来ましたよ~

2013年06月05日 | 釣行
行って来ましたよ~

 あさ寝坊しちゃいましてね…5時ぐらいからのスタートでし。

今回も相変わらずの黒部川からの利根川、常陸利根川回りです。

近いからね、車でそれぞれのポイントまで10~15分


 はじめに黒部川に入りまして
やはり巻きます~!

 スタイルは以前と変わらず巻きます~!
スピナベ巻きます~!

巻きます

巻きま

巻き
ノ~ン・・・



 場所変えました。

今度は常陸利根川のゴロタエリアです。

水門から水門までゴロタ満載のエリアです。

 まずは水門エリアから


巻きま~す!

クランクに変えて巻きます~!

グリグリ巻いて~!

き・た・よ

メジャーズレてますけど一応40後半

後は続かず・・・
ですが5~7時までの朝市チャレンジ

本当は数とサイズ両方欲しいのですが、今回はとりあえずサイズが出たので満足です!


更新はごく稀になりそうですが

毎回朝市チャレンジ釣行なので釣りと更新両方なるべく頑張ります


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

何年ぶりかしら~ん

2013年06月02日 | 雑記
お久しぶりでし。

見てる人は数少ないと思いますが、
少ない...

いやいないはず。

久しぶりに更新致します。(^_^;)



いや~!
今年の5月に利根川の下流にてこちらのスモールを釣りまして‥‥

そう!ただ、ただ、自慢したくて❢


皆さん利根川最下流でも、釣れますよ!スモール釣れますよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ秋ですね~

2009年09月13日 | 釣行
 だんだんと秋めいた気候になってきましたね~

 この前の月曜日も朝いち釣行に行ってまいりました~

ここ最近黒部川をメインとしていたんですが、ここ最近自分の釣果があまりかんばしくなく・・・メインを変更しようかと・・・

 でもとりあえず朝いちの出だしだけ

 ~黒部川へ~

大型水門があるポイントの両護岸をサクサクッとトップにてチェックしてみます

 ここでいつものようにジグヘッドワッキーを投入してしまうと、時間にきりが無いので、今回はトップのみで~

 バズで巻いて~、ウェイクベイトで巻いて~

ノ~ンです。

 ではではラストはポッパーで、若干ネチネチと

プチュプチュッとしばらく動かしていると

!!!モワ~~~ン!!!  ジュッボ!!

オオ~~~ウ!!

で・ま・し・た!

嬉しさと興奮を押し殺し、一呼吸おいてあわせまする~

バス様ジャ~~~ンプ!!デカイんでないの?

これは久しぶりに40UPでしょ~、

グイグイ引き込みます!

うう~ん、いい引きです。

またもやジャ~ンプ!

ヤバイ、これはヤバイ・・・

ああぁぁぁぁ~~~~

ブインブイン顔振ってる

や~め~て~

ポチャン・・・・

しばらく放心

ジャンプさせたくなかったんだけど・・・

ここ足場が高くてしかも減水・・・
だからロッドをできるだけ低くしていたのに・・・
やはりヘタッピ・・・・

逃がした魚は大きいですね~


 気を取り直して常陸利根川へ移動しました。

とあるテトラ地帯

比較的小さなテトラ帯ですが、ヘラの人やら鯉の人やら結構人気がありここ最近常陸利根川に来てもはいれませんでした。

今回はまだ誰も居なく、ブンブン投げれそうです。

ここでは先ほどの記憶が脳裏をよぎりへこみ中だったのでクランクでスタートしました。

以前の経験から見えるテトラの淵はあまりいい思いをしたことが無いんですが、まだ朝の早いうちだったのでとりあえず見える所からクランクを引きまくり。

浅い層からさぐりを入れますが、とことんノ~ンです。

見えるところも引きまくったので、今度は本命の隠れテトラ?こぼれテトラ?

見えるテトラ帯から少し沖に離れて点在するテトラを狙います。

水深はだいたい2~2.5ぐらいです。

このテトラを探しながら引きまくりました。

するとついに待望のバス様が!


なぜだか腹がかり

???食いそこね?ただ引っ掛けただけ?

とりあえず、自分の考えていた場所にバス様がついていたんで満足です!

その後は続きませんでしたがね。
この考えが正しかったかどうかは・・・いまいちかな?

人気blogランキングへ

ブログランキング>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと釣行記が~

2009年08月30日 | 釣行
 やっとのやっと釣りに行ってまいりました~

この間の月曜日に行ってまいりました~。

今回も朝いちのみの釣行でしたが・・・

釣りに行けただけでO.Kです。


 ではではと朝いち何処に向かおうかと考えながら運転していましたが、
いつのまにか、いつものポイントに到着。
 
 そうです、いつもの流れ込みです。
ここでとりあえず、1本あげておいて~

 じわりじわりと流れ込みに向かいながら、トップにて、護岸沿いを中心に探りを入れていきます。

 ノ~ンでした。

ではでは流れ込みをと・・・

あれ?

あれれ????

ノ~!!  流れ込んでいない

ノ~~~~~~

これじゃ流れ込みじゃな~~い!

周りの田んぼを暗がりの中よく見ると、

・・・水を抜いていらっしゃる・・・

いつの間にそんな時期に・・・

仕方ないので、しばらく周辺を探ってみますが、ノ~ンでした。
流れ込んでいないなら、普通の護岸沿いです。

・・・と思いながら、移動準備を

パシャッ!

 パシャパシャッ!


ムムムッ~

 朝日で少し明るくなったその場所を遠めに観察してみると。
ベイトが集まっています、よく護岸沿いにベイトは集まっているんですが、ここのはなんだか落ち着き無い感じで泳いでおります。

 なんだろね~と思っていたところ

ボシュッ

おお~ バス様と思われる、捕食音が~~

もう一度、ロッドを取り出して、ポッパーをキャスト~~~

 クイクイッと微妙なアクションを入れてみますが
ノ~ンです。

 いつものジグヘッドワッキーを投入して浅めのところを緩やかシェイクしてみますと~

 キタ~~~
グイッとひったくるようなバイトできましたよ~


 サイズはいまいちでしたが、気持ちいいバイトのバス様でした!


しかしその後が続きません。

 移動です。

 今度は常陸利根川のとあるゴロタポイント

どうも最近あまり調子よくないポイントらしいのですが、
昨年結構いい思いをしたポイントでして、試しにと思いまして。

 ここではスピナベでスタートです。

巻きました、ホントに巻きました。グリグリ巻きました。
約300メートルぐらいゴロタが点在しているポイントなんですが。

 ノ~~~~ンでした。

今度はそこより上流にある大きめの水門があるポイントへ

ここは水深もあり周りにはアシもあります、川底の変化にとんだだ所です。

ここでも巻きます。スピナベを巻きます。

水門周りはノ~ンでしたが、
そこからなだらかに、かけあがってくるところで。

キタ~~~!!!



先ほどよりサイズアップです!!

やはりこちらでも、後が続かず。

その後時間まで水門周りをしましたが、ノ~ンでした

 結局今回の釣行も出会いがしらHITだったようで、同じようなポイントでは釣れませんでした。

 でも釣れたからいいんです、2本でしたけど久々のひきを楽しめました。


人気blogランキングへ


ブログランキング>
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・購入タックルその5 HLCカスタム編

2009年08月23日 | タックル
 前回、HLCのギア比6.3の対処策


 あと、訂正です。
前回のアルファスのギア比と巻き取り長さが間違っておりました。
アルファスのギアは5.8で巻き取り長さは60センチでした。
 自分の記憶違いで間違えまして申し訳ございません。

その前にHLCなんでクランクハンドルじゃないんですかね?
カーボンハンドルが付いていますが、ストレートハンドルです。
そしてなぜかハンドルノブにベアリングが入っていません
定価で結構な値段するのにはいっていません。

 と言うわけで、前回の写真のようにカーボンクランクハンドルをつけまして、
ベアリングも追加4BB仕様に、

ついでにクリアソフトコートコルクノブは自分的にこのリールのカラーに合わないんでないの?

 なので、リール整備用品入れをあさり、黒のノブ(これも内部は見えませんが、コルクノブです。)に変更。

 
ノーマルとの違いはこんな感じです。
好みだと思いますが、こっちのほうがしまって見えて自分的に気に入っております。


 さてさて、ギア比なんですが。

実際に釣りに行った時、HLCでスピナベを巻いていたんです。

キャストは普通にキューーーーーンと気持ちよく飛ぶようになった時、
その時までキャストに気を取られていて気が付かなかったんですが。

スピナベのブルブル感がいつもと違うような・・・

使用ロッドは今までと同じでリールのみ載せ変えたんですが。

今までのアルファスだと
           プルプルプルプル~~~
                      な感じ。

HLCだと
      プルルルル~~~~~~
                 な感じ。

これは個人的な感覚なんでなんとも表現しずらいんですが。

初めからハイギアモデルとは知っていたのですが、

見える範囲を通常の巻きスピードで巻いてくると

「はやっ! こっちに来るのはやっ!」

そこでダイワのホームページで調べると、

  HLC ギア6.3  巻き取り71cm
アルファス ギア5.8  巻き取り60cm 

その差11センチ

 いつも大体、自分的時間感覚で「い~ち」と数える間にハンドルを約2回転半ぐらいさせています。

 単純に計算してこの「い~ち」の間で約27.5cmもの差が出てきます。

この差がいただけません。

 ゆっくり巻けばすむ、事なんですが。このゆっくり巻くという感覚がつかめません。どの程度ゆっくり巻けばいいのか?
冬場など極端にスローに巻いたり、スピナベをバジングさせるくらいの早巻きならいいんですが、いつものスピードに近づけるスピードとなると意外と難しいです

長年、体に染み付いたハンドルの回転リズム。不器用なだけかもしれませんが。
 なかなか馴染めません。早巻きならまだいいんですが、ゆっくりはちょっと、自分のテンポやリズムに・・・
 
 最近はハイギアのリールが流行みたいですが、どうも違うような?

 半年ぐらいはそのまま、使用していたのですが、
なかなか馴染めず、テンポが合わないのか釣果は減ったような気がします、そしてバス様のミスバイトが増えた気もします。
そんで疲れる、巻くスピードを常に気にしながらだとなんとなく疲れます。 

 ほぼ自分がヘタッピな言い訳ですが

色々巻き方を試行錯誤したり、ジグ用の竿に載せたりしたのですが、どうもしっくりいきません。
 
 最終手段です。

そこで思い切って載せ変えちゃいましょ~と言う事で

 ある物をおとりよせ! こちらになりま~す。

 ジリオンのクレイジークランカー用のドライブギア&ピニオンギア


どちらも¥1300でした。


 こちらのギアですとギア比が4.9で自分的に重要な巻き取り長さが55cmとアルファスに近いので、とりあえずこのギアでと思いまして。

 ジリオンの分解は初めてですが、まー形がTD-Zにそっくりなんで問題無しでしょう。



 早速分解! 


 内部構造はほぼTD-Zやアルファスと同じ感じです。

なんで手間取る事も無く交換、ここで今回はグリスをいつもと違うものを使用しまして、モリブデングリスという、グリスをつけて組み上げました。

 
その後各駆動パーツ、ベアリング、などをメンテナンスして終了です。


そして実際に釣り場にて使用してみますと。

まず感じる違いは、当然ローギアに変更したので巻き抵抗が軽くなります。

あと、巻いている時、ハイギア時はギリギリしていた感じが消え、ヌル~とした感じに。
 これはグリスを変えたから?よく雑誌にのっているハイギアのが巻き感度は高感度と言うことか?

 肝心の巻き取りテンポはといいますと、
完璧とまではいえませんが、自分の理想に近い巻き取りスピードです。

 これでHLC巻き物カスタムはひとまず終了です。
ハイギアならジグ用にしてしまえばよかったんですが、右巻きを買ってしまったというのと、せっかくの遠投リールなので。

 色々巻き取りスピードは好みがあると思いますが、
自分的には巻き物にはなるべくゆっくり引けるのが好きなんで、このようなカスタムになりました。

 そのうち好みが変わったら、ハイギアに戻します。
 
人気blogランキングへ

ブログランキング>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加