日本共産党相模原市議会議員(緑区)田所健太郎のタドケン通信

こんにちは!相模原市議会議員(緑区)・日本共産党の田所健太郎です。
活動の様子、話題などをお伝えします!

県立津久井やまゆり園事件は、相模原市にとっては「他人事」なのか!?(11/5神奈川新聞より)

2016-11-05 22:02:32 | 相模原のこと
 今朝(11月5日)の神奈川新聞の記事「相模原殺傷 懇談会で市 『責任は県』『防止策は国』」を読んで、開いた口が塞がらなくなりました。


 昨日4日、毎年開かれてる市内で暮らす障がい者の方と市との懇談会が開かれたということなのですが、県立津久井やまゆり園事件に関して、地元自治体としての検証や再発防止策について求める声が参加者から出たのに対し、「県立の施設である以上、責任は県にある」「真相は警察が調べ、再発防止策は国が考える」と述べたというのです。

 今回の事件は、相模原市にとっては「他人事」だったのでしょうか。この記事を見て、怒り心頭です。
 市当局は、「相模原市にある障がい者施設で、障がい者を標的にして、19人が殺害された」という事件の重みというか、重大さを感じていないのでしょうか。

 確かに、津久井やまゆり園は県立で、指定管理者に運営を任せていたところですから、施設運営の責任は県にあります。しかし、この「他人事」のような発言はあり得ません。

 こういう事件が発生した地元自治体として、どの自治体よりも、一歩も二歩も前を行くような、「共生社会」に向けた人権施策の実施、小中学校での「障がい」や「共生社会」、「差別を許さない」といったことついての教育の充実など、やるべきことはたくさんあるのではないでしょうか。

 懇談会に参加した方々の発言は、ごもっともです。

 週明けに、担当課からこの件についてヒアリングをしたいと思います。

-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!
┏━━━━ご意見・ご相談、お気軽に━━━━┓
  日本共産党 相模原市議会議員(緑区)
        田所 健太郎
  メール:kentaro.tadokoro@gmail.com
  携 帯:070-5432-7613
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見事な秋晴れの下、甲州街道... | トップ | 畑野君枝衆院議員と、相模原... »

相模原のこと」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。