日本共産党相模原市議会議員(緑区)田所健太郎のタドケン通信

こんにちは!相模原市議会議員(緑区)・日本共産党の田所健太郎です。
活動の様子、話題などをお伝えします!

「共謀罪」法案に関する3本の陳情、「不採択」に(怒) ―― 2017.6.13 相模原市議会・総務委員会

2017-06-14 17:59:01 | 気になったこと
 6月1日のブログで、「共謀罪」法案に関する陳情が市民から3本出されたことを報告しましたが、その審査が、昨日6月13日の総務委員会でおこなわれました(日本共産党相模原市議団は、山下伸一郎議員が総務委員会の所属です)。

 審査結果は、陳情第4号(「いわゆる『共謀罪』法案(組織的犯罪処罰法改正案)の慎重かつ徹底的な審議と採決の強行をしないように求めることについて」)のみ「引き続き審査」(継続審査)で、陳情第5号(「国に対して『共謀罪法案(テロ等準備罪)についての慎重審議を求める』ことについて」)および陳情第8号「『テロ等準備罪いわゆる共謀罪』法案について、慎重審議並びに廃案を求めることについて」)は、賛成少数で「不採択」となりました。


 日本共産党相模原市議団は、陳情第4号・第5号・第8号ともに、「賛成」しました。

 総務委員会での経過の報告をまだ受けていないので詳しくはわかりませんが、これだけ国会で緊迫した情勢となっていて、さらに法務大臣の資質の欠如ぶりも明らかになり、国会審議が進めば進むほど、法案や政府の説明の矛盾点が明らかになっているにもかかわらず、こういった結果になったことは非常に残念です。

 いま、国会会期末を控え、自民党は法務委員会で採決せず、参院本会議で「中間報告」をおこなったうえで採決をおこなうという「禁じ手」を使おうとしています。「良識の府」と言われる参議院の名に恥じる行為で、立憲主義の破壊に他なりません。

 相模原市議会では、今回の3本の陳情を、国会会期末後の30日の本会議で採決することになりますが、議員一人ひとりが、どういう考えに基づき、判断をしたか。これが大きく問われると思います。

 なお、今朝の『朝日新聞』は、神奈川・さがみ野面で、以下のように報じていますので、紹介します。


-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!
┏━━━━ご意見・ご相談、お気軽に━━━━┓
  日本共産党 相模原市議会議員(緑区)
        田所 健太郎
  メール:kentaro.tadokoro@gmail.com
  携 帯:070-5432-7613
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「共謀罪」法案は廃案に。加... | トップ | 「共謀罪」法案の強行採決に... »

気になったこと」カテゴリの最新記事