日本共産党相模原市議会議員(緑区)田所健太郎のタドケン通信

こんにちは!相模原市議会議員(緑区)・日本共産党の田所健太郎です。
活動の様子、話題などをお伝えします!

「共謀罪」法案の強行採決に、満身の怒りを込めて抗議 ―― 国会前で5500人とともに声を上げる!

2017-06-15 22:23:49 | 日々の活動
 「共謀罪」法案が強行採決された2017年6月15日夜、18時30分からの国会前での集会に参加し、国会前に駆けつけた5500人とともに、抗議の声を上げました。

 日本共産党国会議員団からは、山下芳生党副委員長・参院議員、山添拓参院議員が参加。代表して、山下参院議員が連帯のあいさつをしました。


 山下さんは、怒りを込めながら、理路整然と語り、惚れ惚れしました。
 「共謀罪」の問題に加え、森友学園問題、加計学園問題についても言及。明日急遽開催が決まった参院予算委員会での加計学園問題についての集中審議では、小池晃書記局長・参院議員が質問に立つことも報告されました。


 2017年6月15日午前7時46分、「共謀罪」法案が、自民・公明・維新により参議院本会議で可決され、成立してしまいました。

 国会は委員会主義でありますが、それを投げ捨て、委員会での採決をおこなわずに、本会議での「中間報告」という「禁じ手」を使って、「共謀罪」法案を、まさに「強行採決」しました。

 これは、言論の府である国会の自殺行為であり、さらに、参議院は「良識の府」と言われていて、今年で参議院は70周年ですが、その年に、自民・公明・維新が汚点を作りました。断じて許すことはできません。

 自民・公明・維新による「暴挙」を徹底糾弾し、満身の怒りを込めて、強く抗議します。

 秘密保護法、戦争法、そして共謀罪。どれも「強行採決」で決められた法律です。

 直近の選挙は、都議選です。
 まずは、この都議選で、自民・公明に審判を下す。
 そして、来たる総選挙で、本気の「市民と野党の共闘」を実現し、新しい政治を。
 秘密保護法、戦争法、共謀罪法を廃止し、立憲主義と民主主義を取り戻す新しい政治を。

 ともに、がんばりましょう!


-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!
┏━━━━ご意見・ご相談、お気軽に━━━━┓
  日本共産党 相模原市議会議員(緑区)
        田所 健太郎
  メール:kentaro.tadokoro@gmail.com
  携 帯:070-5432-7613
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「共謀罪」法案に関する3本の... | トップ | 「あなたに役立つビッグなあ... »

日々の活動」カテゴリの最新記事