花のうつろい

2014-03-30 | 【樹木】ETC
 春を告げる梅や辛夷(コブシ)の花が散りだしている。
 桜が花をつけだしている。
 春は盛りへ。
 俺の春は・・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「反原発」狂想曲

2014-03-27 | 読書
●「反原発」狂想曲/東谷暁著/エネルギーフォーラム新書/2013年10月31日発行/900円
 読み終えて、あふれる情報や時の空気の中で、冷静な判断力を持ち続けることの難しさをつくづく感じた。本書は、東電福島第一原発の事故に関してなされた報道の虚実をとりあげている。以前、塩谷喜雄著の「『原発事故報告書』の真実」(文春新書)を読んで、なるほどと思うところがあったが、その思いが褪せるほど、東谷暁著の方が「真実」に迫っているように感じた。
 内容的には、原子力規制委員会や国会事故調のメンバーことから、放射線の基礎知識にも及んでいる。民主党の「原発ゼロをめざす」とする政策のことにも触れていた。
 それで、思い出した。民主党が政権をとる前、2006、2007年頃、経済産業部門会議やエネルギー政策調査会で、わが国のエネルギー政策をまとめ直したことがあった。
 原子力については、「基幹エネルギー」と位置づけた。党内に、反原発の者がおり、原子力を「過渡的エネルギー」とする見方が根強く残っていたので、そうではないことを明確にしたのだった。感情論に流れるのでなく、現実を見据えていこうというスタンスをとっていた。わが国の安全保障のためにも、経済のためにも、環境のためにも原子力の平和利用を進めるという方向だった。
 そして、エネルギーの自給率の向上に関しては、「2030年に30%、2100年に50%をめざす」とした。当然、電力における原子力の比率はもっと大きくなる。その実現性云々については、さまざまな見方もあろうが、新しい歩みを始めようとしていた。
 さて、そして、・・・・・。
 うんざりすることが、たっぷりあった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶯色の鳥

2014-03-22 | 【樹木】梅
 窓のそとの白梅の枝に鶯色の鳥が来ていた
 多摩動物公園の唐紅梅が香っていた
 偕楽園で「月影」の写真を撮った
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酒坏に梅花

2014-03-21 | 【樹木】梅
 天平二年、大友旅人が大宰府で催した梅花の宴。
 その宴での歌のひとつ。
 壱岐目村氏彼方の作。
 「春柳かづらに折りし梅の花誰れか浮かべし酒坏の上に」
 写真は、水戸の偕楽園で撮った白加賀。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しら梅の朝

2014-03-20 | 【樹木】梅
 窓のそとの白梅が八分咲き。
 夜明けのまだ薄暗い頃、そのあたりを見ると、
 ぼんやり白く、明るい。
 そんなとき、きまって蕪村の句があたまに浮かぶ。
 「しら梅に明る夜ばかりとなりにけり」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西新橋にて

2014-03-19 | 【断想】ETC
 サラリーマンが、昼休みに立ち寄るような街中の公園。
 喫煙場所もある。
 その公園に、花をつけた桜のような木が見えた。
 染井吉野の花が咲くにはまだ早い。
 梅とは樹形が違っていた。
 バラ科の別の木か。
 近くに行って確かめればよかった。
 時間はあったはずだ。
 だけど、早く終わらせたい仕事があった。
 気持ちにゆとりがなかったわけだ。
 そういうことが、アタラクシアから遠ざかるもと。
 気をつけなくては・・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虎の門にて

2014-03-18 | 【断想】ETC
 虎の門
 縁が深い虎の門
 建築中の高層ビルの近く
 強い風
 帽子が飛ばされそうだ
 道脇の楠の木がざわめく
 これまで見てきた楠の木が思いだされる
 それにしても
 あくせくしている自分が
 腹立たしい
 もっと
 楠の木のこと
 虎の門での出会いと別れのこと
 死んでしまった友人や先輩のこと
 あくせくしている自分が
 腹立たしい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よかった

2014-03-17 | 【樹木】梅
 毎年、見ている梅の木の花。
 今年は、そこに行く機会がないかと思った。
 よかった。
 今年も見ることができた。
 香りも嗅いだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロボ逝く

2014-03-17 | 【断想】ETC
 久しぶりに多摩動物公園へ行って知った。
 遠くない日にあるだろうとは思っていた。
 ヨーロッパオオカミのロボが亡くなっていた。
 2月23日に亡くなったと表示してあった。
 13歳、寿命か。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加