LAST DATE

2017-06-30 | 【断想】音楽
エリック・ドルフィーの遺作
1964年録音の「ラスト・デイト」  
ドルフィーの演奏している楽器は
フルート、バス・クラリネット、アルト・サキソフォーン
その音色の豊かなこと
EPISTROPHYの出だしの一吹き
それだけで魅了されるよ
まさに、「音の魔術師」
もっともらしい精神性云々から離れて
そうなのだ
美しいものはまず美しく
それをめでなくては
ともかく豊かなのだ
そしてそれは
何て言えばいいのだろう
洗練された知の輝き
臭みがない息吹
上品な香水
嫌みのないおどけ
写楽のような魅力か
確かなテクニック
安心感
アルコールより珈琲があうかな
アルコールならキリリとしたドライ・シェリーかな
同年にアルバート・アイラーのSPIRITUAL UNITY
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アニマル・スピリッツ」 | トップ | DOLPHY 1964 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

【断想】音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL