ぼやかせていただいております。

おいしい ほか

2010年04月29日 00時01分45秒 | Weblog
John FefferCo-director of Foreign Policy In Focus
Posted: April 27, 2010 12:02 PM
BIOBecome a Fan Get Email AlertsBloggers' Index
100,000 Okinawans Can't Be Wrong


The United States has shown greater flexibility in dealing with North Korea, an adversary, than with Japan, an ally for more than six decades.


撤去派のジョン・フェファー氏の記事。北朝鮮に対して柔軟で同盟国の日本に対して強硬なのはどういうことだ。新政権をつぶそうとしているのか云々。米国としてもそれは望んではいないのだろうけれど。

mozu

 北朝鮮により柔軟なのは、核武装して脅迫が上手かったりだったりして?


Let's be clear: this is not anti-Americanism. There are few voices in Japan that call for an end to the U.S.-Japan alliance. The Hatoyama government sensibly wants to focus a little more on regional relations, particularly with China, and reduce the heavy burden on the Japanese economy of laying out billions of dollars every year to support U.S. military bases.


 バランスの取れた現状把握だと思う。
 
 しかし、仮にアメリカが柔軟だったとしても、日本側の鳩山氏・社民党・共産党などがいかにして地域の、そして日本の平和を維持するかについて、全く準備ができていないもんで、前に進めない。

 今回の件、仕切り直すとしたらーーー仕切り直してもらいたいし、そうではないと、困るがーーーー有事のさいに日本はどうするのかを含めて、いくつかの具体的な選択肢を国民に提示してもらいたい。

 そうしなければ、危険の除去・騒音・治安の確保・自然の保全・経済振興などの沖縄県民の願いについても具体化しないだろう。

 沖縄県以外の国民も沖縄県民の負担については、心苦しく思っているのである。

 夢想家 鳩山総理・社民党・共産党の絵空事では沖縄県民にあまりにも無責任だ。

28 April 2010 14:58 UK

Gordon Brown 'bigoted woman' comment caught on tape


 ブラウン首相の失言
 政府の負債や移民問題について問い詰めた町のおばちゃんとの会話が終わった後、自動車のなかでマイクロフォンがついているのに気づかず、「あの偏見に凝り固まった女」と発言して話題に。

 政治的にはたいしたことはないと思うが、メディア的には誠に面白い、といったところか?特に、ブラウン首相が、弁解している姿はメディア的には、おいしい。

 このおばちゃんが東ヨーロッパからの移民が多すぎる、と不平を言っているところにも着目しておこう。



28 April 2010 11:43 UK
Dutch Muslim women striving to integrate

By Roger Hardy

 オランダでイスラム教徒の女性が社会に協働参加しようと努力している記事
Young Muslim men told me they were routinely turned away at discotheques.
The problem has not gone away. But now a Dutch-Moroccan hip-hop artist, Casablanca Connect, has produced a video called "Members Only" to highlight the issue.


 ”リベラル多文化主義”のオランダでは、映画監督ゴッホ氏がイスラム教徒に殺害された後、イスラム教徒の若者は問題視され、また、ウィルダースらの反イスラムの活動と相俟って、イスラム教徒の若者はディスコにいれてもらえなかったりしたが、そうしたことはいかがなものか、と問題提起するヒップホップグループなども出てきた。

 日本でも外国人お断りの問題提起したいなら、日本語でやってみたらどうだろうか? ・・・・あっ、日本語できないんだっけ?



I ask if there is any tension between her faith and her commitment to equal rights for gays.
"No, never," she replies, "because my God loves all the people - gay, black, white, religious, not religious. My God loves everybody."


 このイスラムの女性はゲイの権利なども認めており、「神は、同性愛者や、”黒人””白人” 宗教的なひと、そうでない人みんなをあいしているのよ」と。

ーーこういった発言を聞くと安心するし、またこういった発言をもっと公共に流すべきだ。

 イスラム教徒でもまだ保守層もいるようであるが、それもまたかわっていくだろう、と思う。そうしたなめらかな”変化”を阻害するのが暴力を暗示するような極端なグループである。

 極端なイスラム団体がサウスパークに抗議して、ゴッホ氏の殺害の写真を掲載したが、他の在米イスラム教徒、アメリカ人にとって迷惑な話だろう。日本でも日本が子供の奪取に関するハーグ条約に締結していないことに抗議して、子供を日本から暴力的に拉致する記事を掲載している一部欧米人団体があるが、他の在日欧米人にとっても、日本人にとっても迷惑極まりない話である。





28 April 2010 02:46 UK

Dating by blood type in Japan

By Roland Buerk


 日本の血液型診断についてである。
 
 どっかのブログから拾ってきたネタだろう。
 次はCNNか?
 血液型については俺にきいてもらいたい。ーーー自分の血液型も知らんし、A型がどうの、B型がどうの、という”知識”はまるでなし。
 従って、何言われてもちんぷんかんぷん
 こういうのは、動物占いとか何とか占いとかいろいろあって、猿型とかなんとか、「当たっているぅ~~~~」とか言って話のネタにするだけ。
そう言う意味では、ねずみ年とかの干支も同じ。

 記事にでているような血液型オタクの女性社長は例外であろう。

 ブラハラ、という言葉は知らなかったので、ググると確かにあるが、やはり知らない人も多いようである。
ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!
 ブラジャーハラスメントか、ブラスバンドハラスメントかと思われる。
 そういったことがあるならば、遊び以上になっているから、社会に問題提起する意味で定着させてもいいとは思うが、しかし、長年生きてきて血液型ハラスメントをうけたことも、うけているのをみたこともない。



Now, blood typecasting is as common as horoscopes in the West, with the whiff of science - although dubious - giving it added credibility.


 西洋の星占いと対比させることで相対化している点は評価したい。


"This particular thing about blood types is a clever way of telling people what you think about them, but indirectly," said Jeff Kingston, professor of Asian Studies at Temple University in Japan.
"Here people don't like to be upfront and open about their opinions. So if you can hide behind blood types you can then tell someone indirectly what you think about them."


 テンプルの教授によると、例えば、山田君はA型なのよ、というとき、、A型の性格は○○である、という情報を利用して、山田君は○○である、と間接的に伝える、のだそうである。
 まあ、そういった面もあるかもしれない。

 しかし、血液型の性格について言われていることについて無知な人には通じないし、血液型についてなにか言っている人の話を聞くと、彼等がある特定の血液型について共通の情報をもっているとも限らんようであるが・・・・

 旬のネタが欲しいなら、例えば、鳩山幸夫人 インド人占い師 などをググってみたらどうだろうか?


 11年度予算:民主の追加公約で1兆円増額の可能性 毎日新聞 2010年4月28日



・・・・なんだ、政府にそんな金があったのか?
 ・・・安心安心(^^;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« といった | トップ | 遅すぎた南の旅 他 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事