ぼやかせていただいております。

Don't pity me

2017年07月17日 02時34分32秒 | Weblog


先程のおじいさんのセリフのなかで、

you can hate me, you can detest me you can ignore me isolate me but don't pity me

嫌われても、憎まれても、無視されても、孤立しても構わないが、Pityだけはしないでくれ、

というのがある。

その心はというと、

Do Not Pity Me
Pity costs nothing, and it ain't worth nothing
Posted Aug 14, 2010



自分より劣った、あるいは、自分より弱い者に対して、手助けに至らないまでも、気の毒に思われてPITYされる。それを、屈辱と感じる人達もいるが、他人の苦しみに眼を背けないで、注意を向けるという点では、必ずしも悪いことではない、
と。

なにがなんでも注意を集めたい人ならともかく、なにかしてくれる気もないのに上から目線で劣位にあるものをみる眼差しに腹立つんでしょね。

日本語で言えば、口先だけの同情みたいな感じでしょうか?



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« "I was not always this hand... | トップ | Thousands Of Women Are Bein... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む