ぼやかせていただいております。

Dutch tolerance does not really exist in the way the stereotype dictates

2017年03月21日 | Weblog


via mozu




Wilders doesn’t represent a sudden movement of the Netherlands away from tolerance. Dutch tolerance does not really exist in the way the stereotype dictates. Seventy years ago, the country saw a larger percentage of its Jewish population deported and killed than any other Western European nation.




Looking at modern times, CUNY political scientist John Mollenkopf reports poorer immigrant integration outcomes, such as employment rates and job retention, in Amsterdam than in New York City, and Duyvendak finds explanations for these outcomes in white majority-culture dominance.


A few weeks after the 2016 U.S. elections, elderly Dutch statesman Jan Terlouw made a plea to the Dutch nation. Speaking as the Jimmy Carter-like voice of reason of the political establishment, he asked the nation to go back to a time where Dutch people trusted each other, a time where people could enter the homes of other Dutchmen freely and without suspicion. It was a “Make the Netherlands Great Again” message of sorts, but coming from the Dutch center-left.


I grew up in the Netherlands of Jan Terlouw. The country gave me an idyllic childhood, with soccer and hopscotch in the streets, but I never stepped freely into the homes of Indonesians who lived, grouped together, on the next street. My white Dutch friends still know little to nothing about the relationship between race and our colonial history, or about the people of color who came to live in the Netherlands through that history.


Some Americans may be surprised to learn that the Netherlands has a more than 20 percent nonmajority ethnic Dutch population, 10 percent of which are Indonesians, Surinamese and Dutch Caribbeans from former or current colonies, as well as Turks and Moroccans who (or whose family) originally came as part of guest worker programs.


In reality, the Dutch good old days were good old days because racial minorities were sidelined and did not complain, for example, about the slaves depicted on the golden coach that carries the Dutch king to the annual “Throne Address,” or the state of union.



Dutch nationalism does not just live on the right. All the big parties that are contenders to enter a coalition government after this election—from all the way left to all the way right—reference “Dutchness” in one way or another in their party platforms, as a presumed understanding of what it means to be Dutch, or in the form of shared national values and a be like us” message to immigrants. Dutch nationalism is ubiquitous.



Remember: The kingdom of the Netherlands is still a colonial power over the nation states of Aruba, Curaçao and Sint Maarten, and the country of the Netherlands over the three Caribbean islands of Bonaire, Sint Eustatius and Saba.



オランダというのは、非常に開放的で寛容というイメージがあるが、とんでもない、と。

オランダというのは、オランダから追放され殺害されたユダヤ人は他の西欧のどこよりも多い、と。


オランダには、インドネシア人など有色人がかなりいるが、それは、オランダの植民地主義の遺産でもあり、なおかつ、オランダはいまだにアルバ セント・マーチン島などに植民地主義的支配を及ぼしている。

それでいて、インドネシア系の人々と原住のオランダ人は近所で暮らしていても、交流もなく、かつまた、オランダ人たちは、自分たちの植民地支配の歴史についてほとんど無知なのである、と。


トランプのように復古調で、あの素晴らしかったオランダと取り戻しましょう、というメッセージは中道左派からも聞かれる始末。

オランダに同化しなさい、というメッセージ右派のみならオランダに普遍的に見られるものだ、と。

過去が素晴らしかったのは、旧植民地系の住民が過去には文句を言わなかったからにすぎない、と。


ちなみに、今回、与党が勝ったのも、



Images of the Dutch police using water cannon and dogs to disperse protests by Erdogan supporters in Rotterdam angered Turkish officials, but appeared to please the tabloid press and its readers in the Netherlands.




選挙直前に、トルコに強気にでたことについて国民が喝采したからだ、という見方の記事。

オランダ人のナショナリズムが、それで満足してしまったんでしょうね。




オランダでも、アメリカでも開放的、多様性重視とか、移民の国とか、いう人がいますが、元を正せば、自分たちが侵略したり、奴隷として連れてきたり、植民地の住民だった人を抱えており、その人たちと、後になって、共存するために、やれ、開放的、とか、多様性重視とか、多文化主義などどいって格好良く、繕っているのがいまの姿なんでしょうね。

強制的に連れてきたり、働かせたりした人たちの子孫が、たまたま、自分たちの国にいるから、といって、それを 開放的とか、多様性重視とか、言いのけてしまうところが、西欧的なソフトパワーなのかもしれないですね。


だから、


この表題なんかもミスリーディングで、多様性重視の社会がイスラム教嫌いに感染したわけではなく、もともとイスラム教嫌いがだったのが、イスラム教徒が自己主張し始めて、おまいら生意気いってんじゃねええよ、と、弾圧し始めた、というのが真相なのかもしれませんね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« We can all be friends | トップ | 老人施設と幼稚園の合体 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む