ぼやかせていただいております。

介護の車椅子利用者を優先するバス運転手の義務

2017年07月13日 21時29分53秒 | Weblog

Yo Okada-Howells‏ @yoookd

乗ってたバスが突然途中で終点になる、乗客全員下された。ロンドンバスあるある。既に2回目のバスだったので、オイスターカードの60分以内2回乗車OKは使ってしまった。こういう時は、さらに60分以内にもう1回バス乗車出来る券をもらう。#ロンドン

次に来たバスに無料乗り換え券使ってベビーカーでお昼寝中の娘とともに乗車したら、数駅後で車椅子の方とその付き添いの介護士さんが乗ろうとしてきた。車椅子が最優先なので、こういう時はベビーカー使用者はスペースを譲るために下車するのがルール。(続く

車椅子付き添い介護士女性(ラテン系で真っ黒の髪の毛を金髪に染めて超セクシー服)が手招き「乗れるわよ!」と。結構混んでたバス、大きなスーツケースの高齢イギリス人女性、ショッピングカートのインド人男性、皆協力して、私のベビーカーの場所を作ってくれた。


buvery‏
@buvery


ベビーカーより、介護の車椅子が優先。強さに順番があるのか。


これは眠った子供を乗せたベビーカーの母親が、車椅子利用者に場所を譲らなかった事件があって、介護の車椅子を優先するように、というとう判例があるわけですね。







Disability rights campaigners have hailed a ruling by the supreme court that bus drivers must try to persuade other passengers to make room for wheelchair users.

Drivers may stop the bus “with a view to pressurising or shaming recalcitrant non-wheelchair users to move” if they believe a refusal is unreasonable, the judgment declared.

The case, brought by a wheelchair user who was unable to board a bus in Yorkshire, highlights the need for legislative changes, the supreme court judgment suggested. A bus services bill is currently going through parliament.

Doug Paulley attempted to get on a First Group bus from Wetherby to Leeds in February 2012 but the wheelchair space was being used by a mother with a pushchair and a sleeping child.

The woman rejected the driver’s request to move or fold the pushchair and so the driver told Paulley he could not board the vehicle. As a result, he missed his train connection at Leeds and was unable to meet his parents for lunch that day.


In its ruling on Wednesday, the court allowed Paulley’s appeal to the extent that the driver should have taken further steps to pressurise the non-wheelchair user into making space.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« If US allowed N.Korea to ke... | トップ | 蓮舫終わりか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む