ぼやかせていただいております。

南京!南京!

2009年09月22日 22時09分57秒 | Weblog

Chinese director wants to show 'truth' of Japanese occupation
By Virginie Grognou (AFP) – 20 hours ago
SAN SEBASTIAN, Spain ― Chinese director Lu Chuan said Monday he wanted to show the "truth" about the Japanese occupation of China's temporary capital Nanjing in 1937 in his new movie "City of Life and Death".
The film, one of 15 in competition for the San Sebastian film festival top award, deals in gruesome detail with the killing of what China says were 300,000 defenseless civilians and prisoners of war by Japanese invaders.
But it has angered some Chinese ultra-nationalists, earning Lu at least one death threat, because of its portrayal of the Japanese soldiers as ordinary people caught up in the tragedy of war, rather than the blood-thirsty monsters that they are often depicted as in China.
"This is an important film for history, I wanted to deliver to the world the truth about this massacre, which is little known outside of China," Lu told a news conference at San Sebastian after his film was screened.
"It took me four years to complete it, from preparation to post-production, with a very tight budget," he added.
The film, which lasts two hours and 15 minutes and was filmed in black and white, plainly depicts the executions of civilians and rapes suffered by the Chinese during the three-day siege of Nanjing by Japanese forces.
It alternates between scenes of battles and executions and slower scenes of moving human interactions to convey the horror of the Japanese atrocities from the perspective of both perpetrators and victims.
The movie also depicts efforts by a number of Westerners, including a member of Germany's Nazi party who was working in China for Siemens at the time, to try to protect locals from the Japanese soldiers by setting up and running a refuge area.
He managed to save more than 200,000 Chinese in Nanjing before being deported to Germany and his actions hurt the alliance between Nazi Germany and Japan, according to the movie



南京!南京 City of life and Death、という映画があるそうである。

City of Life and Death (2009) - [CinemaScene] - 01
 youtubeでも紹介され、全編見ることが出来る。

 この映画、日本兵があまりにも普通の人間に描かれているので、中国の一部民族主義者から怒りを買っている、という。

 監督はこの映画で、南京虐殺の真実を伝えたかったという。

 ちょっとだけ、みてみた。

 様々な視点を駆使しようとしている。
 しかし、やはり、歴史的な真実に基づいているか、というと、初っぱなの場面から怪しい。

 一部の中国人にとって、南京虐殺というのは、何か、民族的な象徴になっている。もっとも、そうした、ナラティブが民衆の間に広がっていったのは、たぶん、戦後随分たってからであろう。

 日本の右翼も静観視するくらいの度量がほしいものだ。ヒットするとも思えないが、どこかの映画館で日本でも上映してあげたらいい。
 
 まだまだ、何本か南京虐殺関係の映画ができるだろう。当時の南京の背景など、政治状況など、もっと、勉強したくなってくる人も出てくるだろう。日本人でも中国人でも若者はわりに冷静に学ぶのではないか?

 また、こうした映画に続いて、表現の自由がもっと、保障され、チベット虐殺などの映画もできるようになってくるかもしれない。

 バター死の行進も広島も南京虐殺、チベット虐殺も、何人だろうと、淡々と学べばよい。死者たちも、これらの事件をネタに、現代人が特定の国民を憎悪してくれとは、望んでいないだろう



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党の暖簾 | トップ | 社民も墓場へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (shir)
2009-09-23 23:06:29
長期間の軍行に疲れ、待遇も悪く、大きな報酬の見込みもない、そういった兵士が略奪により埋め合わせをするということは充分ありうるんでしょうね。米軍兵にも日本兵の口をこじ開け金歯を探し、それを求めて死体や重傷兵の中をさまよったという話がありますし。

テロリストやゲリラが民間人の間に潜んでいるとされる場合での兵士の対応も難しい所があるんですよね。ベトナムでも虐殺がありました。

日本人の特異性や異質性に問題を帰結させようとする人がいたら恐ろしいですね。歴史から何か学ぼうというのであればむしろ人類に普遍的な何かに注目すべきだと思います。

蒋介石と彼の軍隊の評価はどうなっているんでしょう。「黄河決壊事件」の話とか聞くと、結局彼も中国人民を隠れ蓑にしたり、捨て駒に使ってなんとか政権を維持しようとしただけの人物に見えます。
Unknown (空)
2009-09-24 00:04:10
まったくおっしゃるとおりですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む