ぼやかせていただいております。

second rape

2008年12月12日 | Weblog

Economist.com: Bilateral agreements to give US servicemen immunity from Japanese criminal procedure

Posted by debito on December 11th, 2008
debito.org/?p=2089

有道センセのエコノミスト引用記事

1)オーストラリア人女性が在日アメリカ兵にレイプされた。
2)女性によると神奈川県警の対応は著しく不当であった。セカンドレイプである。
3)日米地位協定により、犯人は不逮捕、帰国
4)民事では勝訴したが、帰国してしまった
5)県警の捜査の不当を訴えたが、敗訴


A) 民事での勝訴などをみると、日米地位協定による、犯人の不逮捕、および、犯人の帰国を許したことは、極めて不当な処置であったといえる。

B) 神奈川県警の被害者に対する、不当な取り扱いについては、確かに、神奈川県警と聞いて怪しい、とは思うが、いかんせん、県警及び、裁判記録がないのでなんとも言えない。この種のケースでは、警察の対応が、被害者に対して暴力を振るったとかの犯罪行為を構成するものではなく、相当の範囲内ではあれば、損害賠償を得られないことが多いのではないか?問題がないという意味では全くないが、裁判での決着ということになると、そうならざる得ないのかもしれない。

C) しかし、被害者女性の訴えについては、理が通っており、賛同するものである。
 


 エコノミストの記事はそのなかで、日本の警察の不手際、強制自白、日本の個人の権利の欠如、裁判における、理由付けの稚拙さなどを指摘して、日本の警察・司法・日本文化一般にまで非難している。
Jane’s ordeal underscores the clumsiness of Japan’s police force. In several recent high-profile cases, the police have coerced confessions from suspects. It also highlights the lack of a tradition of individual rights in the country, and the often thinly reasoned rulings of Japanese courts. And it fits the pattern that in many crimes by American servicemen, the Japanese authorities fail to press charges.

 ここらへんが、例のように例の如し、というやつで、例外を一般化し、また、調査もしないで非難する、というオリエンタリズム、あるいは、人種差別意識のにおいのする英語圏ジャーナリズムの一種だろう。
 
 有道氏のコメント欄に
i wonder why it is big news when a us serviceman rapes an okinawan, but when a white woman is raped the media does now go overkill..it seems like theres a complete double standard again, and this seems like a racist pattern with the police..i hopes she wins here case, and this should also be a landmark case..

 在日アメリカ兵による被害でも被害者が日本人だと、大きく扱われ、外人だと扱われないというのはダブルスタンダードだというものがある。
これは一理あろう。


 しかし、有道軍団の諸君よ、おまいら、外国人強姦魔の裁判について、事実を隠蔽して擁護するキャンペーンをはり、日本人被害者の実名をネットで公開し、日本人被害者を嘘つき呼ばわりしていたが、それは、セコンドレイプじゃないのけ?
 それについていまだに謝罪も釈明もしてないやないけ?
 それがおまいらの日本で在日外人のイメージをよくし、日本をよくする活動である、というならさっさと出て行ってくれ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オランダは慰安婦に謝罪と補... | トップ | 外国人移民は殺してもお咎め... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジャップには自分の領域を持つことは許さんってか (ほうほう)
2008-12-12 10:27:34
>在日アメリカ兵による被害でも被害者が日本人だと、大きく扱われ、外人だと扱われないというのは

っつーか、たんに「外人同士でやっとるわ」だけのことだわな。ダブスタと言えばダブスタかも知れんが、だがどっかに線引きは必ず有る。
殺人や、そこまで行かんでも交通事故は毎日何処かである。んが、自分の家族が災難に遭わん限り殊更の関心は惹かない。これ「家族かそうでないか」の線引き。批判されるようなことか?
むしろ、「外人同士でごちゃごちゃやるのは勝手にやっとりゃいいが、日本でやるなよ迷惑だ。せめて米軍基地の敷地内でやっとけ」だな。
Unknown (空)
2008-12-12 10:37:41
んんんん。その線引きはいかがなものか、と思います。

やはり、日本国内で起きた犯罪に関しては、加害者被害者の国籍に関係なく関心を持っていく、というのが妥当だと考えます。

本件の場合は、日米地位協定の問題もありますが、警察の対応のまずさ、また、地位協定の問題などは、国籍にかかわらず問題になりうるものだと思います。
Unknown (わざくれ)
2008-12-12 13:51:26
 そのコメント欄の人、↓こういうのにも是非“wonder why”してもらいたい。ここにもdouble standardが見つかるだろう。

失踪白人女性症候群
Missing White Woman Syndrome(MWWS)
http://en.wikipedia.org/wiki/Missing_white_woman_syndrome
Unknown (空)
2008-12-12 23:30:16
新し投稿で引用し、活用させていただきました。
m(_ _)m

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む