ぼやかせていただいております。

ゲイなら”オカマ”は許されるのか?

2017年12月18日 08時26分46秒 | Weblog


動画のなかの言いたいことはわかるーー普通の性的マイノリティーでいたい、と。

ただ、ゲイやトランスなら差別語ではないか、と論争のある「オカマ」と言っていいのか、というとどうかな、と私は思う。

黒人が自分たちのことを ”nigga”という差別語を使うのと似ている。

いわゆる差別語を使ったからといって、差別的につかっていわけではなく、皮肉や友人同士なら親しみを込めているのはわかる。

しかし、公の場面で使うことによって、


1)他の黒人や性的マイノリティーが不快に感じる可能性がある

2)自分たちでつかっているのだから、第3者が使っていけない理由はない、として真似する人たちがでてくる


から、私は控えたほうがいいんじゃないかな、という考え。

あるいは、「オカマ」や ”nigger ”という言葉を差別的な色から脱色するために普通の文脈で使いたい、という覚悟なら、それはそれでわからなくもないが・・・・



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  Abandon all hope, Ye who e... | トップ | 貴乃花、八角問題ではなく、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事