ぼやかせていただいております。

元慰安婦のおばあさん 他

2010年08月14日 21時53分16秒 | Weblog
European Right-wingers Visit Yasukuni

 JPが、欧州右翼による靖国参拝についての英語圏の記事を集めて紹介してくれている。JPの投稿は、フェアだろう。

 こうしたことをすれば、英語圏の新聞社が飛びつくのは目に見えている。
 一水会の意図がわからない。
 ヒール役のコスプレ街宣車、およびそれを放置した靖国参拝支持メディアもわからない。
 情勢を読む能力に全く欠けている。こうして参拝は、風化していくのだろう。

 それはそれとして、上記靖国記事を書いたマッカリ記者のもう一つの記事。広島関連
John Roos is first US representative to attend Hiroshima memorial ceremony in Japan


The US has since justified the bombings as an alternative to a potentially prolonged and costly land invasion, saying the devastation wrought on the cities forced Japan's surrender days later, on 15 August.


 広島への原爆投下に関する正当性はについては、少なくとも歴史家に議論があるのだから、"justified"と引用符くらいつけるべきであっただろう。

 ガーディアンはわりにリベラル左派メディアとされているのであるが、日本のみなさん、英国のリベラル左派といってもこの程度なわけです。もちろん、全部が全部、というわけではありませんけど。
  
 それにしても、英語圏ではこうして、他国の右翼の動きなどを取材して、報道するのに、日本のメディアの海外の取材力、報道発信力は惨憺たるものだな。

 


Japanese apology puts Lee in a bind

by Robert Koehler on August 12, 2010

in Japan,Korean History,South Korea


 韓国の大統領が日本の謝罪でかえって窮地に陥っている、と。あんな謝罪ではあまちょろいという、勢力があるわけだ。
これに対して、

Mind you, some of the matters involved ― resolving the issue of the “Comfort Women,” pay for wartime laborers, etc. ― aren’t meaningless, but frankly, there’s a lot of insincerity and cynicism regarding said issues on both sides, so good luck getting anything resolved.

慰安婦問題や、強制労働の問題が無意味とは言えないが、不誠実さでもあり、ーーーcynicismをこの文脈でどう訳すか難しいところだろうが、ーーー自己中心的でもある、といったところだろう。
 ある意味ではあいまいな表現であるが、念頭にあるのは、特に、韓国が犠牲にした韓国人慰安婦についてではないか、と忖度する。

 この話題は韓国でもタブーにでもなっているのだろうか?

 韓国人とアメリカ人が搾取した元慰安婦のおばあさんは、いまだに、何の謝罪も、補償もうけずに、韓国社会で元売女として蔑まれている。

 日本の慰安婦問題について、あれほど、騒いだニューヨークタイムズや、朝日新聞など”リベラル”新聞社、あるいは、日本の一部左翼は、あるいは、韓国のマーモットブログなど、どうも韓国の元慰安婦のおばあさんたちを見殺しにすると決め込んだらしい。

 なぜ、少なくとも日本がしたのと同じような謝罪や補償を受けられるように韓国やアメリカに働きかけるリベラルがいないのだろうか?ーーー残忍でさえある。

 なぜ、韓国のこうした残酷なナショナリズムについて報道ができないのだろうか?


 THURSDAY, AUGUST 12, 2010

US court rejects 'genocide' denial


State curriculum in Massachusetts requires schools to teach a unit about the Armenian genocide, the Holocaust, and other "recognised human rights violations and genocides."

The appeals court ruled that "law would not allow the genocide denial actions that the plaintiffs sought."

Turkish-American groups have lobbied schools to include materials that question whether the 1915 killings were, in fact, a genocide.


 トルコのアルメニアに対するジェノサイドについての反論も教科書に載せろ、と裁判沙汰にしていたものが、裁判所により却下された、と。

 そもそも、アメリカのマサチュセッツでは、ジェノサイドについて教えるカリキュラムがあるそうです。
 その発想自体は、前にも書いたように、私は結構だと思うのですが、しかし、それじゃ、原爆による市民虐殺ははいっているのだろうか?

 インディアンの虐殺についてどれだけ、詳しく書いているいるのか?

 何年生に教えるかわかりませんけども、高校生くらいになったら、論争のあるものでも、両論教えた方が、歴史というものが面白く感じるだろうと思うのですがね。証拠→主張という推論の当否、議論の誤謬などもいっしょに勉強できるわけですから。


 それと、歴史でもメディアでも選択されたトピック、書かれたこと、とともに、選択されなかったトピック、書かれていないことの中に、案外著者の偏向と重大な真実があることがある、ということに注目することも大事だ。

例えば、仮に、日本のキャバクラのお姉ちゃんネタ、日本の変態漫画ネタには興味をもっても、韓国とアメリカによって搾取されていまだ貧しい生活をしている韓国人慰安婦に同情もできず、興味も持てない記者がいたとすれば、その記者の感受性・正義感の歪み具合は歴然としていないか?


“The US is bankrupt” – American scholar
permalinke-mail story to a friendprint version
Published 13 August, 2010, 06:17
Edited 14 August, 2010, 01:48


 ロシアトゥデイの記事、アメリカは破産状態だ、という学者を引っ張り出している。


DR Says:
August 13th, 2010 at 1:05 am
http://www.debito.org/?p=7409#comment-199666
Related to the article above, and to dissenting voices which followed it, I would characterize Japan as being on the cusp of a perfect socio-economic storm. And not with anything optimistic to offer, in real terms. This is how I see it from where I’m sitting.

(1) Declining birthrates, coupled with no real in-migration and a fast aging population, eliminating a present and future tax base. No money means no effective government, even if they were competent to begin with.

(2) A debt-to-GDP ratio generally accepted as being in excess of 200%, coupled with institutions and personnel who are ossified in their approach to business and government, as exemplified by the amakudari. More of the same will get more of the same results.

(3) A fast decline in the leading edge of technology and innovation across the board, which was farmed out and then cloned-and-bettered by the recipient countries, Indonesia, Malaysia, Taiwan, etc., and also by other genuine competitors in Korea and the PRC. LG leads Japanese manufacturers in sales of flat panel TVs in Europe. We can argue the Why? But the facts don’t change that much.

(4) A loss of influence in world affairs and international bodies, rendering the country almost irrelevant in international affairs. Amano, in the chair’s role at the IAEA, is the only Japanese who comes to mind. Even he will be ruled irrelevant if Iran is attacked without just cause or provocation. Apart from him, who is waving the hi-no-maru in diplomatic excellence and influence? Can’t think of anyone offhand. The Akashi’s and the Ogata’s are long since gone. The Pokemon have more influence than Kan, I’d say.

(5) Akin to the USA, Japan’s post-war and economic-miracle infrastructure is now crumbling. Chunks of concrete regularly fall from shinkansen bridges and highway overpasses, yet a visionary plan for their complete replacement is lacking, as is the cash and the workforce with which to that. With an excess of 100,000 unmarked toxic waste dumps, some nuclear, dotting the land (see Kerr’s Dogs & Demons) the land itself is rotten to the core. Even if the cash were there, the bulk of the workers now would probably lack the skills needed. There’s a price to pay for being a nation of Freeters.

Add parasite children, net-cafe nan-min, a suicide rate still over 30,000 and nary a person pulling the national “stop-the-line” quality assurance cord, for which Toyota is famous, to the mix, and I think it’s fair to say that “Japan Inc.” is in deep doo-doo. And for the life of me I don’t see any bright spark in these dark ages with either the charisma, the sheer influence or even the interest in saving it from its own path of chosen self-destruction. Whatever one though of Horie, at least he gave hope for a while. But now it’s full speed ahead to the iceberg, and the captain is below decks having a snooze. If he exists at all. It seems a nation which views robots as a solution might actually have morphed into one. A not so benevolent one at that.


 日本は望みなしという、有道ブログのコメント。

 嫌日ヘイトブログがロシアメディアのアメリカに対する態度と似ているのは驚くにあたらない。ロシアトゥデイのほうが洗練されているが・・


ついでに同じDR

Youth Unemployment Hits Record High
Published: Thursday, 12 Aug 2010


 就職が決まらない若者の増加はグローバルな傾向のようである。


Japanese Cops Arrest Man Who Peed Inside Gaijin Bar

 外人バーで小便してつかまった日本人。JP

 日本の警察って人種差別的じゃなかったけ?有道ブログによれば。

 だとすると、日本人を庇ってかえって外人を捕まえてもよかったんじゃ?


http://www.debito.org/?p=7406#comment-199764

– People like to complain, get attention, and especially get away with it. But hopefully not this time.


 有道ブログ。

 不平を言って、注意をひいても、お咎めなし、しかし、今回はそうはいかないことを願う、と。

 一見有道ブログのことを言っているようにも思えるが、在特会のことを言っている、ようだ。


 どうぞ、有道ブログのメンバーの方反論がありましたら、こちらでどうぞ。そちらだと不当にコメントが公開阻止されますので。



 





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白戸家の兄 結婚 | トップ | といった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む