ぼやかせていただいております。

小池都知事、都税を無駄使いしていないか?

2017年06月19日 00時21分13秒 | Weblog

via mozu


豊洲市場で、直接むきだしの土壌の上に店舗を作って商売をすることも、地下水を使って商品を洗浄することもないからです。市場で使われるのは水道水です

私の周囲にも勘違いしている人がいましたが、魚をさばくのに地下水を使うことはありません。つまり、地下水も土壌も人間の口に直接、入るようなことはないというのが大前提になっています。

基準値超えと言いますが、その基準値は何のために決められた基準値かということを、考えてください。今回、問題にしているのは、地下水の環境基準、つまり、飲むための水道水の基準値なのです。

地下水を直接、飲みたい、使いたいというなら今回の基準値超えは問題だと言えますし、法律に基づく対策が必要ですが、そのようなことは誰も考えていないし、やろうとも言っていない。

アスファルトから地下水が染み出して、ベンゼンが地上にでてきたら環境に影響を与えるといった懸念もあると聞きます。

しかし、仮にそうなったところで、いま検出されている程度のベンゼン(基準値の100倍)では、人の健康に影響を与えるようなレベルにはまず達しません。

大気中にでたところで、大きな問題にはならないような値です。



こうしたことはかなり前から言われていたわけで延期した分かかった費用は小池氏の責任が追求されよう。
さらに、
(1)「五輪400億削減はインチキ」議会質問に「小池都知事」が怒髪天


400億円削減の内訳は、予算の予備費を200億円減らし、残りの200億円は環境投資の削減

削減した環境投資対策費については、都債でまかなう。


という趣旨の指摘もある。

都税の無駄使いしたら、都民ファーストになってないだろう?





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芸能人とは違って、政治疑惑... | トップ | 野党はネット親衛隊の結成を急げ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事