ぼやかせていただいております。

2015年12月総理は、今治市で獣医師系の国際教育拠点の整備、と述べた。

2017年07月27日 00時02分42秒 | Weblog




平成27年12月15日、安倍総理は、総理大臣官邸で第18回国家戦略特別区域諮問会議を開催しました。

 会議では、「区域計画の認定」、「1次指定6区域の評価」及び「国家戦略特区の3次指定」について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました

「本日も、国家戦略特区で大きな成果が上がりました。
 家事を支援する外国人が、来年3月から神奈川県の各家庭で活動を始めます。これにより家事を担っている方々の負担が軽減され、活躍の幅が広がります。特に仕事を持つ家庭人には、大きな支えとなることと思います。
 全国で10番目となる国家戦略特区を、新たに決定しました。瀬戸内のしまなみ海道でつながった、広島県と愛媛県今治市です。
 例えば、しまなみ海道の『道の駅』の民間による設置、ライフサイエンスなどの新たに対応すべき分野における獣医師系の国際教育拠点の整備など、観光、教育、創業などの分野で、国際的な交流人口の流れを呼び込み、地方創生を実現します。






毎日の記事を読むと、「特区指定後、改めて公募形式で運営主体を決める」とあるから、他の主体が排除されていたとも言えない。

ただ、総理が、全国紙で記事にもなっており、腹心の友がやっている加計学園が絡んでいることを知らない、というはにわかに信じがたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国税庁新長官に「栄転」した... | トップ | 加害の歴史に直面しない右翼... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事