ぼやかせていただいております。

ウティナン君頑張れ

2016年12月07日 19時03分25秒 | Weblog


buvery
‏@buvery
不法滞在であれば強制送還することが不当だとは思わない。法律の問題としては、全然不当判決ではないだろう。ただし、日本で暮らしていく強い意志があり、教育を受けて十分な適応能力があり、1年2年でなく10年単位で経済的に支援する覚悟がある人がいるのなら、行政的に滞在を認めても良いと思う。


知らない国に行くのか、とかいう人がいるが、そもそも、母親は知らない国の日本に来ていたわけで、それが何か問題であるとは思わない。


そもそも、金銭的に責任を取る日本人の支援者がいるのなら、タイに一時帰国して、正式に学生ビザで入国すれば済むことではないか。金はかかるが、法的地位はケチのつけようがなくなる。裁判を長引かせるのがどこまで意味があるのかは疑問。

Jacqueline@桜ジャージ応援 ‏@Jacqueline_ani 22 時間22 時間前
@buvery 母親だけでなく彼自身も強制退去として帰国となると上陸拒否事由に該当してしまいます。5年は入国できなかったかと。それを恐れての裁判なんだと思います。
3件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信 3 リツイート
いいね
その他
buvery ‏@buvery 22 時間22 時間前
@Jacqueline_ani 出国命令であれば、犯罪歴がなければ、入国禁止は1年だから、資金さえ都合がつけば、1年かけて申請すればよいことになりますね。少年事件でも、犯罪歴があれば、無理ですが。


これは、これでスジは通っているね。


似たような状況にある子供たちを経済的支援できるような民間機構を作るのも一つの手かもしれないですね。



この日午後に開かれた法廷には、ウティナン君の支援者などが詰めかけて、傍聴席は満席になった。国側の代理人は姿を見せなかった。「原告の請求を棄却する」という短い主文が読み上げられると、「なんで?」「ひどい!」「恥を知れ!」といった声が傍聴席であがっていた。


支援のあり方がどうなっているのか、もう少し詳しく知りたいところ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本も韓国も大差ないーアメ... | トップ | 政策論争 ○ 性格論争 ☓ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む