ぼやかせていただいております。

Thought is occurring in Empty Space

2017年05月14日 09時54分48秒 | Weblog




「我、思う故に、我あり」を定式化したのはデカルトではなく、アビラのテレサだったんじゃないか、と。

まあ、デカルトでも、テレサでも、男でも女でも、どうでもいいんだけど、こういう命題は、若いときに、額に脂汗かきながらしっかり格闘しておいたほうがいい。

歳取ると、どうでもよくなる。

とはいえ、これについて、おれは、ラッセルの論評が的確だとおもっていて、

Handout 4: The Second Meditation
Philosophy 322: Modern Philosophy
Professor Geoff Pynn
Northern Illinois University
Spring 2016


(4) Thought is occurring.
(5) If thought is occurring, then a thinker exists.
∴(6) So, a thinker exists.
And (6) doesn’t imply that I exist, or that Descartes exists, but only that some thinker exists


Russell on the Cogito

Bertrand Russell

1945

Descartes’s indubitable facts are his own thoughts—using “thought” in the widest possible sense. “I think” is his ultimate premiss. Here the word “I” is really illegitimate; he ought to state his ultimate premiss in the form “there are thoughts.” The word “I” is grammatically convenient, but does not describe a datum. When he goes on to say “I am a thing which thinks,” he is already using uncritically the apparatus of categories handed down by scholasticism. He nowhere proves that thoughts need a thinker, nor is there reason to believe this except in a grammatical sense.



デカルトが言えるのは、思考が存在する、ということだけであって、思考があるからといって、そこから、思考しているのが”我”であることも、そもそも、思考する”者”・”実体”が存在することも、も自明ではない、と。

ーー雲のように思考が流れてはいるが、誰もいない・・・・ちょっと気違いじみた風景であるが、しかし、東洋的な空や無の思想にはなじみやすいのではないか?


Thought is occurring in Empty Space and it may be the empty space that realizes that the thought is occurring.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 危険が不安に負けるわけ  | トップ | That's too bad »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む