ぼやかせていただいております。

「まさかコッチ系?」

2016年12月13日 18時48分12秒 | Weblog

「そうだよ、ゲイで何が悪い」と言い返してやればいいようにも思うが

自分が悪いことをしているわけでもないのに、不安、恐怖、絶望、悲しみ、そうなった自分自身への否定感情を抱かせられます。「あの人、ゲイなんじゃないの?」と「まさかコッチ系?」という噂に曝された人なら誰でも同じような感情を抱いた経験があることでしょう。

「本当なのかどうか、言えばいいだけじゃん」というのは、性的なことについて、バカにされたり、否定されたり、嫌悪感を剥き出しにされたりしたことがない人の「強者の理論」です。

そんな私でも、仕事で裁判所に行ったとき職員さんが「クスクス」と笑っていると、一瞬ですが「もしかしてホモ弁護士が来た!」と笑われているのでは、などと疑心暗鬼になってしまいます。

「成宮うまく逃げたな」と意地悪く思う人もいるかもしれませんが、コカイン疑惑とは切り離して、成宮さんの直筆メッセージに綴られた不安、恐怖、絶望感ということのリアリティは感じてほしいです。



なるほど、とも思う。


禿てもかっこいい、禿てもかっこいい、と自己暗示してても、薄毛をクスクス笑われるのも嫌だろうしなああーーー誰の話やねん。、、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の身体の性的使用権を生... | トップ | ポリコレ的にはどうなのだろ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事