ぼやかせていただいております。

What's wrong with the society without democracy where 90% of people are wealthy ?

2017年07月14日 15時08分05秒 | Weblog
Conflictwatcher@帰国困難‏ @Conflictwatcher 13 時間13 時間前


日中40度をこえる季節なので、日課のランニングを早朝に変えた。そうなると当然周りのメンツも変わってくる。今日一緒に走った中国人研究者が話してた内容が面白かったので、連レスでご紹介。
彼は多分30台前半、米オクラホマ州立大で博士号取得、現在ポスドク。彼の話によると、習近平政権は科学


政策に理解があり、研究予算がガンガン増えている。海外に留学生を送り出すだけでなく、その留学生が戻ってこれるように資金を投じてポストを作ってるので、留学生が海外流出せず、米で得た知見を持ち帰ってくれる。研究者の間で習近平の人気は高い。中国の民主主義弾圧についての意見も面白かった。続



「確かにうちの国は民主主義って点ではダメな点多いよ。googleもfacebookも使えない。でも、多くの人はそんなこと気にしない。飯が食えて、家族が良い生活を送れる。それが一番大事だし、それが満たされれば、民主主義云々はどうでも良い。nobody cares!今の習近平政権はサ

イエンスを軸に雇用を作ってて、それでたくさんの人間が生きていける。それで良いじゃん」「欧米や日本みたいに頭湧いたactivistが民主主義ガー人権ガーって騒いだり、動物実験を妨害することもない。この国はああいうバカどもに甘すぎるよ」要約するとこんな感じ。自分の意見も、彼に近い。中

以前、同僚の中国人も似たようなこと言ってたし、今回俺がインタビューした彼の発言は、中国人一般の見解に近いのかも。


面白い話。

これは、科学者、科学技術者に特定した話だが、例えば、90%の人が豊かな非民主国家と90%の人が貧しい民主国家とどっちかいいか?

より多くの人がより効率的に豊かになれるなら、民主的でなくてもいいんではないか、という意見はありえる。

実際 発展途上にある国はそんなもんだろうし、貧困社会で、民主主義至上主義では発展もしないかもしれない。

しかし、ある程度発展してくると、やっぱ、自由を最大限保証する民主主義社会のほうが、生存、繁栄するだろうな、というのが私見。

民主主義はジグザク走行するが、自己修正が比較的容易。非民主主義は、北朝鮮のように、間違った方向にいくと軌道修正がきかない、というのもその一つの理由。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国籍問題でルーツを問題にし... | トップ | 安倍内閣支持率ついに20%... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む