ぼやかせていただいております。

戸籍公開問題を蓮舫落としに使う左派もどうか、と。

2017年07月14日 08時30分40秒 | Weblog


 ご本人の心境は、おそらく、私のような人間の理解を絶したところにあるものなのだろう。心労の深さも、私には想像がつかない。
 であるから、一人の人間としての蓮舫代表のこの度の決断に対して、外野からどうこう注文をつけようとは思っていない

 ただ、この状況のこのタイミングで、あえて自らの戸籍に注意を集める挙に出た蓮舫代表の政治的直感の鈍さには失望した、ということだけは申し上げておきたい。

だったら、八幡氏や池田氏に直接言うのがスジではないか?

自民党議員も、オバマも出生証明書を、提示しており、なんでそのとき大騒ぎしなかったんだ?

トランプだか、オバマだかについて書いてある記事で、政治家の支持率が下がる理由として、言ったことをやらない、というのがあったはずだが、蓮舫の度重なる2転3転については、彼女の失敗だと思う。

だが、国籍問題も、証明書公開問題もそれほど、騒ぐ問題なのか?

自民党議員やオバマ大統領が証明書を公開したとき、大騒ぎしておけば、いまの騒ぎは多分なかったであろうに。

”外野からどうこう注文をつけようとは思っていない”、といいながら、自民党議員のときは問題にせず、しかも、八幡氏を標的にしないで、”このタイミング”で大騒ぎするのは、結局、この件を、蓮舫落としのネタに使っているだけではないか?

更新。

イラストだって、蓮舫よりも、八幡氏とか、民進党で2重国籍問題にケチつけた議員の顔をつかうべきだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊田発言を擁護する自民党禿... | トップ | US preparing for ‘IMMEDIATE... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事