ぼやかせていただいております。

冗談がわからないのは野暮

2017年06月16日 00時36分40秒 | Weblog

Ryan Takeshita ファンになる
竹下隆一郎 ハフポスト日本版編集長
メール
「私たちは容姿が美しい」稲田防衛相のスピーチは笑えない
投稿日: 2017年06月14日 18時43分 JST 更新: 4時間前

私の認識では、国際的な会議で「容姿」や「年齢」に触れることは、あってはならないことだ。その2つの要素は仕事には関係ないことだからだ。



講演会で議題と関係ない冗談を言うことはよくあることだろう。



日本社会では、自分の体型や顔のかたちを指して、「見た目」で笑いを取ることがあるが、この種の場では、通用しないはずだ。

たとえば、「私はカボチャみたいな顔をしてますから」と言ってアメリカ人の前で場を和ませようとした日本人の男性会社員に私は出くわしたことがあるが、場が凍り付いたのを覚えている。


おれも常日頃、産経の「美しすぎる」へったくれみたいなのはやめれ!と言っているわけだが、稲田大臣のは冗談。アンガールズが「おれらヤクザやねん」と言っているようなものだ。


また、女性が自分の容姿をネタにする冗談がなんでいけないのか、よおわからんところ。






"I wish I had a twin so I could know what I'd look like without plastic surgery."


"The only way I can get a man to touch me at this age is plastic surgery."


ウケるだろ?




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍政権 公務員への脅しと... | トップ | Otto Warmbier was singled o... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事