ぼやかせていただいております。

66.5 percent of respondents viewed the nationality issue as “no problem

2016年10月11日 00時20分11秒 | Weblog
ARGUMENT
Japan’s Summer of Women
Three women have recently risen to high political positions in Japan’s famously closed society, but is the country really ready to embrace openness and inclusion?
BY JOJI SAKURAIOCTOBER 4, 2016


日本が変わりつつある、というフォーリン・ポリシーの記事で、蓮舫の国籍問題に触れている。




That greater degree of acceptance likely saved Murata’s candidacy after controversy broke out over her citizenship. Japan’s right-wing press revealed that Murata had kept her Taiwanese passport — in contravention of Japanese law — despite public statements that she had relinquished it at age 17 when she gained Japanese citizenship. But according to a Kyodo News poll, 66.5 percent of respondents viewed the nationality issue as “no problem.” The vast majority of Japanese remain uncertain about immigration, but the scales are shifting toward more openness: A recent WIN/Gallup poll showed that Japanese who favor immigration outnumber those against it — 22 percent to 15 percent — with 63 percent saying they were unsure.



共同通信調査
民進・蓮舫新代表に期待56%

毎日新聞2016年9月18日 18時47分(最終更新 9月18日 20時25分)


 

 共同通信社が17、18両日実施した全国電話世論調査によると、15日の民進党の臨時党大会で選出された蓮舫新代表に関して「期待する」との回答は56.9%だった。「期待しない」は38.4%。

民進党に関し、蓮舫氏が自身の日本と台湾の「二重国籍」問題で説明が変わったことには、約3分の2が「問題ではない」(66.5%)とした。



国籍問題 nationality issue と国籍について説明が二転三転した問題は違うんだけど、いずれにせよ、蓮舫の国籍問題について、病的にこだわるのは、たぶん、右翼でも一部なのかもしれませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Whites are superior because... | トップ | Offensive things you can do... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む