ぼやかせていただいております。

「校則が意外とゆるい」という声

2017年07月13日 20時42分31秒 | Weblog


まず挙がったのは、「制服なしで服装や髪型が自由」など、「校則が意外とゆるい」という声だ。

「生徒が勉強するために来ていると自覚してるからおかしなことしようと思わない」
「基本的に無茶する子がいないので先生の監視がゆるい」



一方で、「偏差値が60前半の中途半端な進学校は足の引っ張り合いとか陰湿なイジメとかがあるけど、偏差値70を越えて来るとイジメはほとんど聞かない」というコメントもいくつかあった。



おれがうん十年前いた都立高は、もっとバカで、勉強するために来ているという自覚している生徒が少ない高校だったが、服装や髪型は自由、先生の監視はゆるゆるだったな。

かといってイジメもたぶんそれほどなかった。

バイク通学している奴あり、サボって喫茶店へいくやつあり、酒飲んで顔赤くして授業ウケるやつがあり、カンニングあり・・・ただ、暴力をつかう奴はいなかった。

都立の先生なのに、予備校でバイトしている英語の先生がいて、その予備校行っているとかいうやつもいたなああ。

数学の問題が解けない数学の先生とか、まあ、先生もいい加減な先生が多かったんだろうなああ。

おれは真面目なほうだったからか、「もう少し先生が厳しい方がいいかなああ」なんて思ったこともあったなああ。

今年も担任を囲んだ小さな集まりを計画して楽しみにしている。

(rules are rules)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡口氏の裸のポルノ認定は変... | トップ | If US allowed N.Korea to ke... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む