ぼやかせていただいております。

安全ピン着用でヘイトに反対する安全の連帯

2016年11月12日 10時59分12秒 | Weblog
イギリスEU離脱、トランプ大統領当選後の、ヘイトクライムの嵐の中

安全ピンを着用することで、








That’s when the safety pin movement began.

Today... and until people I know and love can feel safe again #safetypin pic.twitter.com/c7jphNYhQf

— BeTheChange (@honoraye) November 11, 2016
A Twitter user who helped start the social media campaign said the object would help inspire solidarity and increase safety.

The idea being that anyone against the sort of nationalistic, racist violence we've been seeing could identify themselves as a "safe" ally.

— miss pommery 1926 (@cheeahs) June 26, 2016



民族主義、人種主義的暴力に抗して、連帯を示して、安全の輪を広げよう、と。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« China pushes Asia-Pacific t... | トップ | サンダースなら勝ってたかも。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む