ぼやかせていただいております。

辻褄合わせのために過去の発言を訂正したと言われるだけ

2017年07月26日 04時29分54秒 | Weblog



信頼できる?安倍首相の「加計学園獣医学部申請知ったのは今年の1月20日」発言を丁寧に検証してみた


2017年5月8日の民進党の宮崎岳志の

「加計孝太郎氏が獣医学部を作りたがっているということはいつからご存じだったのでしょうか?」

第2次安倍政権発足後も内閣総理大臣が本部長である構造改革特区本部においてこの提案に対する政府の対応方針を決定しており、多くの案件と同様、本件についても知りうる立場にあった」


第2次安倍政権=2012年(平成24年)12月26日~


2017年4月18日に提出された社民党の福島みずほ議員の質問主意書


いつから知っていたのか。」

「学校法人加計学園がその候補となる者である旨記載されており、こうした提案を受けて、安倍内閣総理大臣を本部長とする構造改革特別区域推進本部において、平成二十五年十月十一日、平成二十六年五月十九日及び平成二十七年八月二十五日に構造改革特別区域の提案等に対する政府の対応方針を決定


平成25年 =2013年


加計学園で安倍晋三が大興奮3_13福島みずほ

特区というのは国家戦略特区ですから、その前にこれをやるということは大体決まっていて、多くの人たちは知ってるんです。関係者はみんな知ってるんですよ。知っている中においてもうこれはそういう方向で進んでいるということは多くの人たちが知っているんですよ。




2017年6月16日参議院予算委員会


○福島みずほ では、総理、加計学園の加計孝太郎さんが今治市に獣医学部をつくりたいというのは、いつから知っていましたか

○安倍総理 この特区については安倍政権としても取り組んでまいりましたので、当時は国家戦略特区ではなくて構造改革特区であったわけでありますが、そこで申請されたということについては私は承知をしていたところでございますが、その後に当然、私は議長を務めておりますから、国家戦略特区に申請をすれば私の知り得るところになるということでございます。



いつから知っていたか、という問いに応えているし、また、「関係者はみんな知っているんですよ」というわけだけから、少なくとも、2013年10月11日には知っていたと考えるのが合理的ではないか。

また、



カケちゃんと会っているときも当然、会話にのぼっただろう、というのが一般人の感覚であろう。


更新

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 群れない生きかた | トップ | まがまがしい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む