ぼやかせていただいております。

小池都知事、記録を残してないのはおかしい。

2017年08月10日 22時14分40秒 | Weblog


 東京都の市場移転問題を巡り、豊洲市場(江東区)と築地市場(中央区)の双方に市場機能を残す「豊洲移転・築地再開発方針」の最終判断に関する記録が都に残っていない問題で、小池百合子知事は10日の定例記者会見で「一言で言えば政策判断。政策決定者である私が決めたということで、文書としては残していない」と理由を説明した。

 方針に関する財源や運営費などを検討した記録の不存在は、毎日新聞の情報公開請求で判明している。小池知事は会見で「外部の都顧問や都庁内の会議、専門家会議などからいろいろと聞いてきた」と強調。「(最終盤に開かれた)庁内の会議で費用試算の数字も出てきた」と述べ、決定の根拠となる数字は明らかになっているとの見解を示した


重大な決定にまつわる記録がない、かりにあっても公開しない、というのでは話にならない。

公明正大、正々堂々とやろうよ、こういうことは。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横綱にはチャンピオン同様、... | トップ | 安倍首相 3選を望まず、無党... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事