ぼやかせていただいております。

といった

2010年04月28日 13時16分36秒 | Weblog


なんだ、また、独島は韓国 とでも叫んでいるのか?と開いてみる。

Tuesday, 27 April 2010 18:19 UK

Is Korean Oh Eun-sun first woman to climb 14 top peaks?



女性初の8千m峰14座制覇 韓国人登山家の呉銀善さん 2010/04/27 19:25


ということなのだが、Oh Eun-Sunさんが、登頂したと言われる山の一つについて頂上まで行っていないのではないか、という疑惑がある、という。


More American Expatriates Give Up Citizenship
By BRIAN KNOWLTON
Published: April 25, 2010


 国外でも所得税を徴収されることから、国外のアメリカ人で米国国籍を放棄する者が増えている、と。

 税金問題で米国国籍を放棄した元アメリカ国籍保持者が日本政府に日本国籍と米国国籍の2重国籍を認めるようにと主張しているとしたら、これいかに?
 いずれにせよ、主張する相手が的外れである。

Ford Posts $2.1 Billion In First Quarter Profits
American Automaker Makes Dramatic Comeback

16 comments By CHRIS BURY and HANNA SIEGEL
April 27, 2010


 フォード復活

Ford is back. Today, the American automaker reported first quarter profits of $2.1 billion, a dramatic turnaround from where they were a year ago.


The Toyota recall means big business for competitors.

It seems the company has finally convinced more consumers that Fords are better than Japanese cars.

Katherine Boho traded in her Lexus for a Ford Edge.

"I love the idea this is an American-made car and it gave people in my country jobs," she said.


 フォード 対 トヨタ ではなく、アメリカ 対 日本 の自動車産業の枠組みで語られているところに注目。

 トヨタ叩きの先鋒にたっていたABCがフォード復活をうたうところ、民主をたたく産経が自民復活を誇らしげに記事にするの似ていない、とはいえない。



【正論】東京大学名誉教授・小堀桂一郎 主権意識の欠如が国を解体する
2010.4.28


 これも的外れ、時代遅れ、だろう。

選択的夫婦別氏制度
について言えば、今までの選択が否定されるわけでもなく、新しい選択肢が増えるだけであるから、テクニカルな問題はあっても、反対する理由はとくになかろう。

 

【正論】京都大学大学院教授・中西寛 「普天間」紛糾の責任をどうする
2010.4.22


 鳩山氏に関していえば、普天間問題そのもの、というより、他の問題に関する彼の稚拙であやふやな態度などから、普天間の問題が彼の解決能力・指導力のなさを象徴、となってしまっている。

 加えて、検察審議会で不起訴不相当がでたことで、再び、小沢問題が世論の話題にのぼるようになってきた。
「起訴相当」―小沢氏はまだ居直るのか 朝日社説 2010年4月28日

 政治と金の問題、説明責任の問題、などなど、鳩山氏の政治の解決能力、指導力、ひいては、民主党の党の問題の解決能力にまで国民は信頼を失いつつある。

 だらだらと、こうなってしまうだろう、という意味では記事の予想が当たってしまうかもしれないが、同じ無能な指導者がだらだらやってもいいことが起きようがない、という読みもある。

 鳩山氏が無私になって面子を捨てて日本にとって最善の選択をしてくれることを祈る。

 民主党や社民党・共産党な旧野党が自民党を非難してきたのはいいが、しかし、実現可能な具体的な代替案がないことが今日の事態を招いてしまったという意味では彼等の責任もかなり重く、猛省をうながしたい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無党派のささやき | トップ | おいしい ほか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事