ぼやかせていただいております。

Offensive things you can do in Japan ---Reading Japan Times

2016年10月11日 00時34分19秒 | Weblog




イギリス英語で罵倒/卑猥用語

一番強烈なのが、
Strongest:

Cunt
Fuck
Motherfucker

その次が、

Strong:

Bastard
Beaver
Beef curtains
Bellend
Bloodclaat

など。


アメリカだと






Shit
Piss
Fuck
Cunt
Cocksucker
Motherfucker
Tits


などがあげられている。


また、やられたり、してもらえないとイギリス人が腹立つこと 



Reading the Daily Mail or The Sun #awfullybritishoffences

— Hayley Stevens (@Hayleystevens) September 25, 2016


5. Eye contact on public transport. Why do it?

Making eye contact on the tube 😞😞 #AwfullyBritishOffences

— mags4indy (@florence_myles) September 25, 2016


6. Using 'UK' and 'England' as though it's the same thing. It's not.

Thinking UK is the same as England
#AwfullyBritishOffences

— FrenchToast (@NachoPotatoe) September 25, 2016


7. Not apologising for something that isn’t your fault

Not saying sorry when someone else bumps into you #AwfullyBritishOffences

— Sara Mclean (@mcleanization) September 25, 2016


8. Not engaging in the 'No, you first' dance

'You first'
'No, you first!'
'No, I insist, you first!'
*repeat without progress until the end of space and time* #AwfullyBritishOffences

— Susie (@LittleSyko) September 27, 2016


Daily Mail を読んでいると腹立つというが、電車で、Japan Times 読んでいる外人を見ると、腹立つ、というより、ああ、馬鹿なんだな、と思う。


8番目のお先にどうぞ、いえ、どうぞお先に、というやつは日本だと、物やお金を渡すとき、いや、とんでもない、結構ですーーいやいやそんなこと言わずにーーーいや、滅相もないーーー上司/家内に叱られますからーーーそうですかあ、みたいな儀式に似ているね。

アメリカ人に遠慮するフリをしたら、すぐ引っ込めてしまいそうだね。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  66.5 percent of respondent... | トップ | When they go low, you go high »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事