ぼやかせていただいております。

米のサイバー攻撃説は根拠薄弱だ、と。

2017年04月21日 02時41分52秒 | Weblog




First, some inconvenient facts. North Korea’s missiles aren’t really failing at a terrible rate. Sanger and Broad argued that soon after Obama’s decision in 2014, a “large number of the North’s military rockets began to explode, veer off course, disintegrate in midair and plunge into the sea.”

Correlation is not causation, of course, and a simple review of North Korea’s missile launches suggests that if the United States is hacking North Korean missiles, it is doing a crap job of it.

Since 2014, about three-quarters of Pyongyang’s launches have succeeded. My colleague Shea Cotton keeps a database of every North Korean missile launch. Of the 66 missiles that North Korea launched during 2014 and after, 51 have succeeded. If hacking is playing any role, it is defeating a trivial number of missiles. A .230 average isn’t enough to keep you in the major leagues. And it’s a lousy batting average against nuclear-armed missiles.

Moreover, we can see those 15 failures were concentrated in a few new systems — missiles then under development where one would expect to see failures, hacking or no hacking.

The fact is, new systems are expected to fail at a higher rate.


The last two North Korean space launches, in December 2012 and again in February 2016, were successful. Look up and you can still see North Korea’s Kwangmyongsong-2 satellite in orbit.



Hacking allows us to entertain this fantasy a bit longer. It allows us to imagine that missile failures are not growing pains of an evolving and dangerous threat but evidence of our power, wisdom, and superior technology. The idea that hacking can prevent North Korea’s missiles from working allows us to avoid coming to terms with the reality that our policies are failing.




北朝鮮のミサイル実験はアメリカによるサイバー攻撃によって失敗したのではないか、という説に対して、

アメリカのサイバー攻撃の研究後、北朝鮮のロケットは落下するようになった、というが、仮に、相関関係があったから、といって因果関係があるとは限らない。

また、事実、北朝鮮のミサイル発射は、2014年以来、4分の3は成功している。仮にアメリカのサイバー攻撃があったとすれば、サイバー攻撃はひどい成果しかあげていない。

新しい実験は失敗に終わることが多いが、北朝鮮の場合の失敗は新しい実験をした場合であり、その後の発射実験では成功している。


なにか自分たちが、すごい技術て北朝鮮を制圧しているかのように妄想していると、現実を見誤るよ、と。

なお、

Kazuto Suzuki‏
@KS_1013


NYTの記事で米国が北朝鮮のミサイルにサイバー攻撃をかけたという話が出て、まことしやかに事情通の間ではこのネタが語られているが、それは現実的にはあり得ないというマーカス・シーラーとピーター・ヘイズという本物の専門家の解説。





こちらでも、否定されているようである。(こちらは記事を読んでいない)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Assad may be cruel, brutal ... | トップ | 仮に、先制攻撃の否定しても... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む