ぼやかせていただいております。

Is China serious about working with the U.S. to crank up the pressure on Pyongyang?

2017年04月18日 02時17分47秒 | Weblog


But here’s a real, less obvious test of whether China is serious about working with the new American president to hem in North Korea: Will China stop resisting the installation of a new missile-defense system in South Korea?


The key to Thaad is its sophisticated radar system for spotting and tracking missiles once launched. That capability, the Chinese fear, could be useful to American troops in any military confrontation with China by helping the U.S. follow and neutralize Beijing’s missiles. Given that Chinese strategic thinkers consider issues not just months or years but decades down the road, their concern isn’t a surprise.


アメリカが圧力を加えて中国は本気になっているようにみえるが、中国にとっては、THAADがひっかかる。中国のミサイルが発射されるとすべて追跡されて、中国のミサイルが無効化されてしまうので、本気で北朝鮮に圧力を加えないのではないか、と。

しかし、地域がめちゃくちゃになったら、中国のためにもならんので本気になったほうがいいよ、という記事。

もっとも、


1)中国は本気になる理由が薄弱ーーー北の核兵器が中国に向かう可能性は少ない
2)仮に本気になっても、北朝鮮のICBM核兵器廃棄させるためのうまい駒がないーー圧力かけすぎると、朝鮮の民が困るだけか、なおかつ、政権崩壊して、中国も面倒



だから、中国に期待しても無理だろう、というのが私見


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペンス氏は次期大統領候補 ... | トップ | The media is just the propa... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む