ぼやかせていただいております。

蓮舫は度胸はある。

2016年09月15日 19時55分11秒 | Weblog


具体的な政策はまだ、よおわからんが、この人、なかかな度胸はある。

蓮舫になってかえって与し易いという人もいるが、前原だったら、民進党の凋落を止められるとも限らない。

思い切った政策をとって、民進党の没落に歯止めをかけるべき。(でなければ、空中分解する)

山なんとか、という元検察の女性といっしょに、自民党おっさん政治に切り込んで行ってもらいたい。

国籍問題は終わっていない。しっかり対策チームを組んで、想定問答を考えて整合性の取れる回答をつくっておくべき。

安倍学歴詐称などが、なぜ問題にされないのか、なども、蓮舫本人からではなく、脇の支援者がどんどん問題していくべき。



共産党との関係については、「ほかの野党と協力をしてきた経緯がある。そこを大きく振り切っていこうという話ではない」と述べ、岡田克也代表の進めた共闘路線を継承する考えを示した。


共産党との選挙協力はすべきだ。

自民党との差異をはっきりさせるため、例えば、消費増税反対にうってでるべき。少なくとも、大きな景気回復するまでは、消費税増税はしません、と政策転換をはかるべきだ。
消費増税は有害だ、という論者も多いし、消費税は大きな国民の関心事であるため、風向きが変わる可能性もある。
安倍が嘘をついて消費増税延期した理由を熟慮すべき。

国内政治も情報戦。

メディア、特にインターネットの動向を調査し、民進党から情報をどんどん発信していく表の部隊と裏の部隊を立ち上げるべき。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 議員に重国籍を認めてどんな... | トップ | South Park fixes the Nation... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-09-26 18:22:06
だいたい消費税増税をIMFで各役員したのは民主党の野田だけどなwww
だから、14年は解散直前まで上げろ上げろとせっていていた。

まず民主党は国民にあやまるべきだろう
Unknown (空)
2016-09-26 18:42:31
www

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む