ぼやかせていただいております。

石橋氏、対韓国政策には十分注意すべき

2017年06月09日 19時52分25秒 | Weblog


しっかりしているんじゃないの。




産経新聞の取材に対し、石破氏は、「『謝罪』という言葉は一切使っていない。『お互いが納得するまで努力を続けるべきだ』と話した」と述べ、記事の内容を否定したが、抗議はしない意向だという。


ここらへんは、たしかに、微妙なところではある。


「若いころは何も知らずに参拝しました。しかし、靖国神社の本当の意味を知っているので、今は行けません。国民を騙し、天皇も騙して戦争を強行したA級戦犯の分祀が行われない限り、靖国神社は行くことはできない。天皇が参拝できるようになれば、行こうと思います。」


これはこれで一つの意見。


総理が、個人の資格で靖国参拝するのは自由だというのが私見ーー参拝してもしなくてもいい。

安倍ちゃんの、アメリカに怒られたから参拝しない、というほうがよほど情けない。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Freedom of information in U... | トップ | Abe hosts 'iftar' dinner pa... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事