ぼやかせていただいております。

障がい者が健常者と同じように社会参加できるようにインフラを整備

2017年07月01日 05時40分09秒 | Weblog



The disability community has long worked to ensure that people with disabilities can be included in mainstream American life rather than be forced into nursing homes and institutions.



In 1981, President Ronald Reagan signed the Home and Community-Based Services provisions within Medicaid. These provisions are a huge part of Medicaid and are rooted in a simple reality: People with disabilities are less safe, less happy and less free in institutional settings than they are in the community.



The Supreme Court agreed in the 1999 Olmstead decision saying that states must provide services in the most integrated setting appropriate to the needs of the individual. The court held that unnecessarily institutionalizing people segregates them, and that this violates the Americans with Disabilities Act signed into law by President George H.W. Bush in 1990.



Our country has had many years of slow but steady progress in expanding access to community life for people with disabilities. Slashing Medicaid funding threatens to send us back in time.


障がい者は、施設にいれるより、在宅介護で、健常者とともに地域でいっしょに暮らしていくほうがいい、ということで、レーガン大統領も、最高裁もその方向に進んでいたが、トランプさんが大統領になって、保険料削減で、在宅介護にかけられるお金も頭打ちになり、時代の流れに逆行するものだ、と。




たしかに、彼のやりかた、そのものには、議論があるところだろうけど、障がい者が障がいを持っているにもかかわらず、健常者と同じように社会参加できるようにインフラを整備していく、それをみんなで負担していこうという方向性を否定するのは、時代に逆行するものであろう。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝 ドイツ 同性婚 合法化 | トップ | Many foreign correspondents... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事