ぼやかせていただいております。

本 The Clash

2008年03月12日 01時45分57秒 | Weblog

The Clash: U.S.-Japanese Relations Throughout History

また、紀伊国屋でプラプラして買った本。もっとも、1997年とあるから、もう翻訳出ているのかな?まだ、読み終わっていないけど、ちょっと立ち読みしていて面白そうと思った。前書きで本書のいいたい部分を要約している。
First, although...Americans and Japanese have generally seen each other aspartners in most East Asian affair, they have in truth endured a series of some times highly dangerous clashes during their 150-year relationship.

日米間はたいていパートナー関係でうまくいっていたが、衝突もある。
A second theme is that at the root of these problems has been and continues to be a clash between different forms of capitalism.....some fours hundred years of Japanese history formed a compact, homoegeneous, closely knit society that for good reason, is terrified of disorder.It has sought to avoid disorder with a strong central government, which guides the subtle, informal networks that run the economy. For some two hundred years, on the other hand, American history has formed a sprawling, pluralistic, open-ended society that , for good reason, is terrified of economic depressions and sought to avoid them by creating an open international marketplace.


その衝突の原因は、著者によれば、日本は、強力な中央政府によって、経済を導いていこうとしているのに対して、米国は、国際的な市場を求めている。
Thus the books third theme, the clash of the two capitalisms has focused on China. Perry foreced Japan open because Washington officials wanted it as strategic way station to the potentially rich Chinese maerket...

で、その衝突の陰にはいつも中国に対する関係がある。



Americans and Japanese clasehed not only because of China questions but because Japan saw the Aisan mainland as all-important, while the Untited States saw as all-important an open global system that could be underminad unless East and Southeast Aisa became integrated into that system.

さらに、アジアに対する見方の違いがある。日本はアジアを最優先しているのに対して、米国はグローバルな開放的市場ーーーてか、アメリカにあった条件の「門戸開放」ということだろうけどーーーを最重要視している。たしか、イラク侵攻なんかもそれを一つの大義に掲げていたね。

中国に関しては
161
As Perry's mission arouse out of US interests in China, as the Wachington Conference arose out of the need to regulateclashes in a revollutionary China, as the need to to revive japan rapidly after 1947 arose out ofthe necessity of dealing with a China turned Communist, so Wolrd War Ⅱ n the Pacific arose from the inability of either Japanese or Americans to resolve the central question of China.

ペリーさんやら、ワシントン条約、第2次対戦、大戦後と常に日米間の焦点になっていた、と。

アメリカの門戸開放がずっと米国の政策の底流にあることは、他の人もよく指摘するね。
で、日本からすると、米国、中国、ロシアとの関係が問題になってくる。
中国の著しい人権蹂躙を大目にみるアメリカのリベラルというのは、中国と仲良くなどと言いながら、やはり底流にこうした巨大な中国の市場に対する戦略があるのだろう。
 ロシアの強権が復活しつつあるから、米国としては、中国、ロシア、欧州、との関係、その大きな構図の中の一齣ーーといっても案外重要な駒だがーーとして日本を見ている。そこらへんの微妙な力関係をうまく読み取って行かないと日本の将来は危ないーーーてか、もう危ないよね。

参考 がぁ~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京大空襲 | トップ | 本 ウケる技術 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む