ぼやかせていただいております。

ルーツを問題にした論者を批判しないで、国籍公開要求は正当だ、というのもなんだかなあ。

2017年07月14日 16時50分13秒 | Weblog
akoustam‏
@akoustam

今蓮舫を刺しているのは、排外主義者でも、差別主義者でも、多様性を否定する人々でもねーよ、

総理、大臣、議員、公人とかだったら、どんなにささいなことであろうと一点の曇りも許さない。疑われたら疑われた側が問題ないことを証明しろ。

という理論で他人を追い込んできた過去の蓮舫自身だ。
3:00 - 2017年7月13日


一理あるが、しかし、蓮舫の国籍を問題にした急先鋒の八幡氏は


ルーツや出身校で政策を評価するのはいかがなものか

安倍や麻生の学歴詐称を騒がない人たちが蓮舫叩きに走っている



新年快楽 A Happy New Year


華人による日本乗っ取り陰謀????

蓮舫 台湾エージェント疑惑深まる

八幡氏 ”蓮舫”は女衒、娼婦同然


蓮舫国籍問題では、外国の右翼がそうであるように、一貫して外国の血筋を問題にしていた。



ルーツバッシングしていたし、国籍問題を通じて、帰化人をバッシングをしていた論者もいる。

特に、帰化人は怒るべきではないか?


ルーツ・出自を問題にした論者を批判しないで、国籍公開要求が正当というのはなんだかなあ・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Who would have thought Trum... | トップ |  Voltaire:The Japanese wer... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む