ぼやかせていただいております。

慰安婦問題は再燃するだろう、と。

2017年05月11日 10時49分21秒 | Weblog


But there are reasons to doubt that the ‘comfort women’ deal will hold through South Korea’s leadership transition. For one, the accord was among Park’s most domestically unpopular foreign policy moves. It drew strong criticism from opposition leaders in South Korea as well as various civic groups advocating for ‘comfort women’ victims. This was because the terms of the accord were not in line with the victims’ redress demands. Appealing to these constituencies, Moon pledged to re-open the comfort women issue with Tokyo during his electoral campaign.

In fact, the accord has already begun to unravel. As predicted in an earlier piece, it was only a matter of time before the victims and their advocates pushed the ‘comfort women’ issue back onto the ROK–Japan diplomatic agenda. They achieved this in December 2016 by installing a ‘comfort women’ statue opposite the Japanese consulate in Busan. This was the second statue erected by activists in close proximity to a Japanese diplomatic mission in South Korea, the first being installed outside the Japanese embassy in Seoul in 2011.


日韓合意の条件が被害者の意にかなったものではなく、批判が多かった。2016年十二月には、釜山の領事館の前に、慰安婦像が増設されたくらいだった、と。

慰安婦問題は再燃するだろう、と。

ーーー日韓合意が覆ることはないだろうが、韓国が叫ぶたびにまた、日本独自の性奴隷物語が世界に流通するのである。

日本の対応が完全に間違っていたのである。

米国の顔色をうかがってばかりで、また、半島を緩衝地帯にしよう、などという助平心があるから、ちっとも解決しない。

平和と友好、女性の人権強化のためには、


1)竹島の国際司法裁判所での解決
2)米軍性奴隷、韓国軍性奴隷について、日本を見習って謝罪と補償
ーー日米韓独・・・共通の解決基準の設立


この二つをしっかり、韓国に要求、また、世界にうったえるべきである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 賞賛される韓国 | トップ | N. K's ambassador to the UK... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事